全国47都道府県ご依頼可能!
まずは無料相談・お見積もり

店舗集客に成功するための
方法・コツ・考え方

店舗ビジネスで最も重要なことは、いかにして集客するかということです。
うまく集客できなければ売上が上がらず、お店の存続も危うくなる死活問題になります。

では集客はどのようにして実践すればいいのでしょうか?

本記事では、店舗集客の方法について解説します。

    コラムの目次

  1. 1. 店舗集客に取りかかる前に決めること
  2. 1-1. 商圏を決める
  3. 1-2. ターゲットを決める
  4. 1-3. 来店までのストーリーを決める
  5. 2. 店舗集客を成功させるコツ
  6. 2-1. エリアを絞って情報発信する
  7. 2-2. データを検証できる媒体を選ぶ
  8. 2-3. 顧客の行動を喚起する媒体を選ぶ
  9. 3. オフラインでの店舗集客アイデア
  10. 3-1. 折込チラシ
  11. 3-2. 路面看板
  12. 3-3. 店舗内イベント
  13. 3-4. サンプリング
  14. 4. オンラインでの店舗集客アイデア
  15. 4-1. Webサイト・ブログ
  16. 4-2. スマホアプリ
  17. 4-3. SNS
  18. 4-4. 動画投稿サイト
  19. 4-5. Googleビジネスプロフィール
  20. 4-6. WEBチラシ
  21. 4-7. WEB広告
  22. 4-8. クチコミ
  23. 5. 店舗集客に「コンサル」は有効か?
  24. 5-1. 店舗集客コンサルのメリット
  25. 5-2. 店舗集客コンサルのデメリット
  26. 6. 集客方法を考える際に注意すること
  27. 6-1. 話題性を意識する
  28. 6-2. 費用対効果を考える
  29. 6-3. 効果分析を行う
  30. 7.【まとめ】店舗集客のアイデアはさまざま!自店に合った方法を選択しよう

店舗集客に取りかかる前に
決めること

店舗集客に取りかかる前に決めること

店舗集客の具体的な方法を考える前に、まず「商圏」「ターゲット」「ストーリー」の3つのポイントを決めましょう。

商圏を決める

1つ目に決めるべきは「商圏」です。

商圏とは?

商圏とは、簡単に言えば「自店の顧客がどのくらいの範囲から来てくれているのか」ということです。

普通の人は、頭の中に、「○○を買うときはこの程度のエリアまで、××を買うならもっと遠くまで」という買い物のエリアマップをもっているでしょう。

店舗側としても、どこまでのエリアに居住している人が自店に来てくれるか(もしくは来てほしいか)ということを考える必要があるのです。それが自店の商圏です。

商圏を把握することの重要性

自店の商圏を把握することは、効果的に集客を行う上できわめて重要です。

まず商圏の外に住んでいる人は、自店に来てくれる可能性は比較的低いでしょう。

すなわち、商圏外の人に集客対策を講じても、来店してくれる可能性が低い人に来店を促していることになりますから、無駄な労力に終わる可能性が高いのです。

商圏内の人にアプローチすれば、もともとある来店の可能性を引き上げることになりますから、その対策は売上アップなどに直結するものです。

集客対策を無駄打ちすることがないように、効果の出やすい商圏内の住人に集中的に集客アプローチすることを考えましょう。

商圏分析を行う

平均的な商圏は、実は店舗の種類によって大体決まります。

例えば「食品スーパー」のような週に何度も利用する店舗は、徒歩や自転車で比較的楽に足を運ぶことができる3~5㎞圏内が商圏だと言われます。

同様に、「ホームセンター」「大型商業施設」のように、月に数回行くか行かないかくらいの店舗は、自動車での来店が選択肢に入るので、商圏は数十㎞まで広がると言われます。

ただしこれは平均的なものなので、実際の商圏は他にもさまざまな条件に左右されます。」ですから自店の商圏をできるだけ具体的に把握することは大切です。

そのためにできることとしては、例えば会員情報に登録されている住所情報をチェックすることです。

自店を中心に会員の住所情報を地図上に反映し、どの程度の範囲まで顧客が分布しているかを可視化すれば、自店の商圏範囲として適切な範囲を把握できます。

会員情報など手持ちのデータがない場合は、来店者にアンケートを実施して住所情報を獲得しましょう。

ターゲットを決める

ターゲット

2つ目に決めるべきは「ターゲット」です。

集客のターゲットとは?

ターゲットとは、「誰に対してプロモーションを行うのか?」ということです。

このターゲットに具体性を持たせたのが「ペルソナ」です。ペルソナは理想となる顧客像の人物的属性(性別や年齢、家族構成など)を可能な限り具体化して仮想の顧客モデルです。次の項目で解説する「来店までのストーリー」を構築する際には、ペルソナの構築が必要になります。

ターゲットを決める必要性

集客するのに自店のターゲットを明確に定めることは、集客の方向性を左右することにつながります。

「若い人の来店数が割合的に多い」なら、若者が触れる機会の多いSNSなどの媒体で情報発信すると効率が良いことがわかります。

「高齢者の来店割合が多い」なら、高齢者が閲覧する可能性の高い新聞の折込チラシなどの手法が効果的でしょう。

「ファミリーでの来店が多い」という場合は、具体的なターゲットが奥さんのほうなのか、旦那さんのほうなのか、あるいはお子さんなのか、ということを決めるべきです。

集客のメインとなるターゲットが異なれば、最適な集客方針や宣伝手法は大きく異なります。

ターゲットが明確に定まっていないと、どの媒体を利用すれば効果的な集客を実施できるかわかりません。

最適な集客手法を選択するために、ターゲットを明確に定める必要があるのです。

来店までのストーリーを決める

来店までのストーリー

3つ目に決めるべきは「来店までのストーリー」です。

来店までのストーリーとは?

「来店までのストーリー」とは、自店のターゲットがどのような流れで来店するのか、来店までのおおまかな流れを「物語」のようにまとめたものです。

といっても小説のように長く書くのではなく、シンプルにまとめたもので十分です。

例えば、ターゲットを「家事をこなしつつ昼をまたいでパート勤めをしている主婦」とした来店までのストーリーの例を考えてみましょう。

・朝6時30分に起床、家族の朝食の準備をしてから子どもを起こす

・朝7時に家族で朝食を食べ、子どもの幼稚園の身支度を手伝う

・朝8時に子どもを幼稚園に送り届ける

・朝9時にパートに出勤する

・昼12時に昼休憩、昼食をとりながら夕食の献立について考える

・昼3時にパートを退勤、帰宅する

・夕方4時に子どもを迎えに行き、帰りにスーパーに寄って買い物をする

ストーリーを決める重要性

上記のようなストーリーを書いてみることがなぜ重要性なのかというと、それは「効果的な集客アプローチのタイミングがわかるから」です。

上記のストーリーを持つターゲットに、スーパーのお買い得情報を発信するとしたら、どのタイミングが適していると思いますか?

「午前中と午後に仕事をしている」「昼休憩を十分にとっている」「夕方にスーパーで買い物をする」の3つの情報が重要になるでしょう。

3つのうち、「パートで仕事中の昼休憩」を除いたタイミングは、なんらかの作業中で手が離せず、アプローチしてもメッセージを見てもらえなさそうです。

また、「昼休憩」には夕食の献立について考えが及ぶかもしれませんし、「買い物に出向く直前の夕方」なら、買い物に関するメッセージが効果を発揮しそうです。

このように、ターゲットがどのような背景で来店しているかを想像することにより、アプローチを行う最適なタイミングがわかるわけです。

最適なタイミングでアプローチすることは、来店や購入などのアクションにつながりやすいため、効果的な集客施策を講じることできます。

ディプシーからのアドバイス

ストーリーを想像するにあたっては、ターゲットにどれだけ具体性を持たせられるかということが重要です。
例えば「若い男性」という設定と、「30代男性、奥さんと2歳の子供がいる会社員」という設定では、それに適したアプローチ方法の粒度がまったく変わってきます。
設定が細かいほどアプローチの命中率を向上させることにつながるでしょう。

店舗集客を成功させるコツ

店舗集客を成功させるコツ

店舗集客のためにやみくもにアクションしても、なかなかそれが功を奏することはないでしょう。集客効果がないばかりか、下手をすると悪い評判が広まって来店客数を減らしてしまったりすることもあるかもしれません。

店舗集客のためにアクションは、少しでも成功確率を高める工夫が必要なのです。

そのための3つのコツを解説します。

エリアを絞って情報発信する

店舗集客を成功させるためには「エリアを絞って情報発信する」ことが重要です。

宣伝媒体にはさまざまなものがありますが、あまり広範囲に宣伝しても来店客数の増加には効果はありません。

大は小を兼ねる、は店舗集客に向かない

集客のためには「宣伝」を行うのが普通ですが、テレビコマーシャルのように「多くの人に宣伝できる大々的な手法」が最善であるとは限りません。

マスメディアを利用した大々的な宣伝手法は、広い範囲・数多くの消費者に来店を促すことができるでしょう。

「宣伝なのだから、少しでも多くの人に伝わった方が良いのでは?」というのが正しいとは限らないのです。

忘れないでいただきたいのですが、今回の目的は「店舗に集客する=店舗の来店客数を増やす」ことです。

テレビコマーシャルのように全国さまざまな地域の人に対して宣伝する方法は、商圏範囲が広くても数十kmの実店舗の集客策としては、あまりに宣伝範囲が広すぎる集客手法なのです。

東京の店舗に集客したいのに、北海道や沖縄のテレビでコマーシャルを流しても意味はないですよね。

「店舗集客」が目的なら、マス広告のような宣伝範囲が広い集客手法は、得られる集客効果に対するコストバランスが極めて悪いのです。

商圏に集中的な宣伝手法がベスト

店舗集客のための宣伝手法は、可能な限り「その商圏に集中的に宣伝できるもの」を選ぶべきです。

例えば、商圏内の新聞の折込チラシや街頭広告、街頭でのサンプリングなど、特定のエリア内の住人に対してのみ集客効果を発揮する手法は、投入するコストがムダになりません。

もちろん、多少は商圏をはみ出して宣伝しても、コスト的に問題がなければ構いません。

重要なことは「商圏を把握すること」「その商圏に集中して宣伝できること」の2つです。コストパフォーマンスを最大化できる手法を選ぶのがおすすめします。

データを検証できる媒体を選ぶ

データを検証できる媒体を選ぶ

店舗集客を成功させるためには「データを検証できる媒体を選ぶ」ことが重要です。

PDCAサイクルを機能するのに十分なデータを得られる媒体であれば、安心して集客対策を継続したり、必要に応じて手法を変えたりできます。

集客対策はデータ検証が重要

集客対策が自己満足に終わらないためには、行った対策に見合うだけの集客効果があったかどうかを検証する必要があります。

何らかの集客対策を実施して、その効果を測るにはどうすればいいでしょうか。

「何となく以前よりも客数が増えたような?」

「確実に客数は増えている!けれども具体的にどのくらい増えたのかはわからない」

それでは行った集客対策が本当に奏功したかどうかはわかりません。

ただ単に来店客数が増えたかどうかだけでは不十分です。

例えば集客対策を講じてから1か月後に1日の平均来店客数が10人増えたとしても、その10人の増加分は、実施した集客対策のみの効果なのかはわかりません。別の要因(例えば天気とか、給料日とか、前日のテレビ番組の影響)で客数が増えたことも考えられます。

このように、集客対策を実施するときには、実施した施策によって具体的にどんな集客効果があったかを把握できないと、施策を継続するべきか、別の方法に変えるべきかを判断できないのです。

データを分析してフィードバック

そこで、可能な限り集客効果を測りやすい集客対策が望ましいことになります。

得られたデータは分析に回し、フィードバックする体制を整えることも重要です。

「行った施策で客数が〇〇人増えた、ああ良かった」では意味がないのです。

「○○人増えている、このまま継続して様子を見よう」

「○○人増えたが、投じたコストに見合わない少なさだから改善する必要がある」

そのようにきちんと評価しましょう。

行った集客対策の効果が継続するに値するのか、あるいは改善の余地があるのかを判断し、行動に移すことが重要です。

顧客の行動を喚起する媒体を選ぶ

店舗集客を成功させるには「顧客の行動を喚起する媒体を選ぶ」ことが重要です。

媒体ごとに特徴があります。認知拡大に適した媒体もあれば、来店など直接的な行動を促すのに適している媒体もあります。集客には役立つのは、後者のような媒体です。

今回の目的は「店舗に集客する」ことですから、実際にその媒体に触れた人が来店などのアクションを起こしたくなるような媒体であることが望ましいのです。

「認知を拡大する」だけでは、今回の目的を考えると不十分だということになります。

来店などにつながりやすい媒体で集客の費用対効果を確保する

ビジネス一般においては、「認知を拡大する」ことは確かに重要です。

しかし単位が「店舗」ですから、認知拡大だけでは費用がかさむだけの結果に終わりかねません。

集客するという明確な目的があるのですから、来店などの具体的な行動を起こしてもらわないと成功ではないのです。

利用する媒体の性質を把握したうえで、媒体ごとに保有しているユーザーデータや反響率、実施事例などによって自店や商品との相性を分析し、最適な媒体を選択することが集客成功のコツです。

ディプシーからのアドバイス

目的が何であれ、何らかのアクションを起こす場合、「その事例・条件と相性が良いアクションかどうか」は極めて重要です。
基本スペックが優れた手法でも、自分が利用するのに相性が悪ければスペックを活かした集客は実現できないでしょう。

オフラインでの
店舗集客アイデア

オフラインでの店舗集客アイデア

ここからは、実際に店舗に集客するために実施できる集客対策の手法について解説します。

まずは「オフライン(インターネットを利用しない)」の4つの集客アイデアについて解説します。

折込チラシ

折込チラシ

「折込チラシ」は、新聞に挟んだチラシを各家庭に届ける集客法です。

その新聞を読んでいる世帯、主にファミリー層や高齢者層に対してアプローチできます。

特売情報やリニューアル情報などを折込チラシで宣伝すれば、短期的に集客効果を発揮します。

定期的に折込チラシを使って特売情報を宣伝すれば、「あの店舗は毎週〇曜日にセールをやっている」ということを刷り込むことができ、その結果、毎週の特売の集客効果を自然に高めることにつなげられるでしょう。

一方で、折込チラシにも弱点があります。

それは「新聞の購読者数が減少傾向にある」ということです。

折込チラシは新聞を購読している世帯にだけ宣伝できる集客手法ですから、若者をはじめ、新聞を読んでいない世帯は集客できません。

新聞の発行部数はネットメディアが登場したことで年々減っていますので、今後、さらに購読者数が少なくなるに従って集客効果も低下していくことが予想されます。

路面看板

「路面看板」は、街頭に設置されている看板で店名や広告などを表示する集客法です。

商圏内に看板を設置すると、来店などのアクションにつなげやすいことが大きな特徴です。

設置場所を厳選すれば、商圏内の住人に集中的にアプローチできるでしょう。

看板広告には相応の広告料の支払いが必要です。

また広告に関心のない通行人にとっては、広告が風景と一体化して認識されてしまったりしますので、設置場所や広告の表現は十分に練って考える必要があります。

店舗内イベント

「店舗内イベント」は、何らかのイベントを店内で開催することによる集客法です。

わかりやすい例としては「特売」がそのひとつです。他にも顧客を巻き込んださまざまなイベントがあり、人を集めて売上などに直結させることができます。

魅力的なイベントを定期的に開催すれば口コミが広がり、徐々に来客数を増やすこともできるでしょう。

ただし、内容がつまらなかったり、同じ内容のイベントを毎回開催していたりするのでは、マンネリ化し、集客効果が薄まるかもしれません。

サンプリング

「サンプリング」は、店舗近隣などで自社製品の試供品を無料配布し、来店につなげる集客法です。

実際に商品を使ってもらったり食べてもらったりすることで、商品の魅力をしっかりと伝えることができ、販売数を向上させることができます。

サンプル商品に店舗までの地図や連絡先を記載した紙などを添付すれば、来店客数や問い合わせ件数を増やすこともできるでしょう。

ただし、サンプリングに適さない商品やサービスもあります。

また、他社の施設や街頭でのサンプリングには、施設の使用許可や道路使用許可を取っておく必要がありますので、注意しましょう。

ディプシーからのアドバイス

その他にも「ポスティング」や「ダイレクトメール」といった集客法もあります。
これらの集客法は「開封率」、つまりどれだけ多くの人に読んでもらえたかということによって集客効果が大きく左右されます。

オンラインでの
店舗集客アイデア

オンラインでの店舗集客アイデア

次に、インターネット上の媒体を利用する「オンライン」での集客手法について解説します。

Webサイト・ブログ

Webサイト

「Webサイト・ブログ」は、店舗用のWebサイトやブログを開設して情報発信を行い、店舗への集客につなげる集客法です。

特売情報や商品のこだわり、日常的な出来事などを発信してネットユーザーの関心を集め、そこから店舗に誘導することになります。

文章だけでなく画像や動画などを掲載することで、より多くの情報をネットユーザーに届けられるでしょう。

ただし、検索結果の上位に表示されないとなかなかサイトに訪問してもらうことができないという問題があります。そのためには「SEO対策」や「リスティング広告」等といった施策も必要です。そうした施策を実施するには、専門家であるWebサイト制作業者に依頼するのが近道になります。専門的な知識が必要になるので、あらためて勉強したりして自分でやってみようとするのはあまり効率的ではありません。

関連記事

ネット集客について、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ合わせてお読みください。

■ ネット集客ならWebサイト!集客Webサイト会社が教えるネット集客方法

スマホアプリ

スマホアプリ

「スマホアプリ」は、店舗オリジナルのスマホアプリをダウンロードしてもらい、さまざまな情報やお得な機能を盛り込むという集客法です。

アプリ内で特売情報を告知することもでき、クーポンやポイントサービスなどの媒体としても活用でき、来店頻度を高めるさまざまな工夫を盛り込めます。

無料ダウンロードが基本で、多くのスマホユーザーに専用アプリをダウンロードしてもらう必要がありあす。

ただ、自力でアプリを開発することはWebサイト以上に難しいので、アプリ開発業者への発注などが必要になってきます。

SNS

SNS

「SNS」は、TwitterやインスタグラムなどのSNSで情報発信を行う集客法です。

特に若者の間ではSNSの利用率が高く、SNSを通じて来店を促す情報を発信すれば多くの人にアプローチできます。

SNSは無料で利用でき、うまくすれば投稿をユーザーが拡散してくれるため、投入した労力以上の宣伝効果を得られることもあります。

ただし、自店のSNSアカウントのフォロワー数が少ないと注目されることも少なく、集客法としては成り立たなくなってしまいます。

動画投稿サイト

動画投稿サイト

「動画投稿サイト」は、動画を撮影してサイトに投稿し、視聴してもらうことで来店を促す集客法として活用できます。

中でもYouTubeは人気が高く、文章や静止画だけでは伝えきれない数多くの情報をユーザーに届けることができるでしょう。

昨今はスマホでも簡単に動画を撮影したり、それを編集したりできるようになりました。ノウハウは必要ですが、相応のクオリティの動画を準備することも夢ではありません。

ただし、SNSと同じくアカウントの登録者数が少ないと視聴してもらえる回数を稼ぐことができず、集客効果も高くありません。登録者数を増やすには、話題になるような動画を量産してアカウントを育てていく必要があります。

Googleビジネスプロフィール

「Googleビジネスプロフィール」は、Googleが提供している無料で店舗情報を掲載できるサービスです。検索ユーザーが「店舗の種類+地名」で検索すると、その条件にマッチする店舗情報を表示するので、来店につなげやすいというメリットがあります。

ディプシー立川

投稿機能を活用すれば来店につなげやすい情報も発信でき、工夫次第で大きな集客効果を発揮します。

ただし、他店もこのサービスを利用していることが多いので、期待する効果を発揮できないこともあります。

WEBチラシ

「WEBチラシ」は、ネット上で自店の特売情報などを発信する集客法です。

新聞のチラシと異なり、新聞を読んでいないネットユーザーに対して特売情報などを発信できます。

ネットユーザーは今後もますます増えていますから、新聞チラシだけでは集客できない層へのアプローチ法として有効でしょう。

ただし、インターネットを利用しない高齢者には効果ないため、ターゲットを見極め、折込チラシとWEBチラシの併用なども検討するといいでしょう。

WEB広告

「WEB広告」は、インターネット上に表示される広告による集客法です。

検索結果に表示される「リスティング広告」や、SNSのユーザーに表示される「SNS広告」、ブログなどに表示される「アフィリエイト広告」など、さまざまな広告媒体あります。

検索結果やユーザーの閲覧履歴などに連動して興味関心が強いであろうジャンルの広告を表示するため、広告を見たユーザーが来店などの行動を起こしやすい点が特徴です。

ただし、長期的に広告」出し続けると、その費用ばかになりません。特定の期間で短期集中的に運用するのがお勧めです。

クチコミ

クチコミ

SNSやブログなどの媒体からユーザーに自店の評判を発信してもらう「口コミも、集客法のひとつです、

消費行動を起こす原理として、「同じ消費者目線の意見」である口コミの重要性

多く敵されています。口コミを見たユーザーがその内容を信じて来店などの行動を起こす可能性高いのです。

クチコミがまたクチコミを呼び、多くのネットユーザーに拡散すれば、手間をかけることなく自店の評価を高めることができます。

ただし、逆もまた然りです。口コミは悪い評判も拡散してしまうため、何らかの理由で悪い口コミが発信されると炎上して大変なことになることもあります。

口コミはコントロールできないものですから、日ごろから自店の評判を良好な状態に保つよう努力しましょう。

ディプシーからのアドバイス

オンラインでの集客手法は「拡散」がキーワードになります。
同じ口コミでも、いわゆる「井戸端会議」よりネット上での拡散のほうが浸透率が高くなります。
もちろん、悪い情報も一気に拡散しますので、ネット上での活動には十分気を付ける必要があります。

店舗集客に
「コンサル」は有効か?

店舗集客に「コンサル」は有効か?

店舗集客というと、「集客コンサルティング」に依頼することを検討する方も多いでしょう。

コンサルはそうしたマーケティングの専門家であり、さまざまな意見によって店舗集客を成功に導いてくれる存在です。

集客コンサルへの依頼は、はたして店舗集客成功への近道でしょうか?

店舗集客コンサルのメリット

メリット

集客コンサルへの依頼は、「外部の意見を集客に活かせる」というメリットがあります。

「傍目八目」という言葉があります。

客観的な視点は、時として当事者だけでは思いつかなかったような画期的な意見や驚くような気付きをもたらすことがあるのです。

商圏ひとつをとっても、店長は半径3kmと思っていたのが、コンサルの目線では実は5kmまで商圏が広がったというケースもあります。

当事者の主観的な考えだけでは、重要な店舗集客の要素に気づけなかったり、間違えて把握していたりすることも多いのです。

客観的な視点に立つコンサルに客観的視点からアドバイスしてもらうことで、その店舗の集客に本当に必要なアクションを起こすきっかけを見出すことができるかもしれません。

従業員にとって良い刺激になり、従業員のモチベーションやスキルが向上するといったメリットをもたらすこともあるでしょう。

店舗集客コンサルのデメリット

デメリット

集客コンサルに依頼することのデメリットとしては「費用と費用対効果」があります。

自力で集客対策を考案すればコストはかかりませんが、コンサルに意見を求めるとコンサル料が発生します。対策を実施するのにももちろんコストがかかりますので、集客対策コスト全体が底上げされてしまうのです。

投入したコストに見合う集客効果を得られれば問題はありませんが、コンサルも神様ではありませんから、確実に集客効果が向上するとは限りません。

コンサルにもピンからキリまであり、レベルが異なりますから、レベルの低いコンサルに依頼してしまうと、その意見をもとにして行う集客対策が無駄になったとしても、コンサル料だけは支払わなければなりません。

コンサル料に見合った集客効果を得られるレベルの高い意見をもつハイレベルな集客コンサルを見つけなければ、コンサルを利用するメリットはないと言えるでしょう。

ディプシーからのアドバイス

レベルの高い集客コンサルを見つけるには、同業の知り合いに紹介してもらうのが良いでしょう。
知り合いが実際にコンサルに依頼して集客に成功していれば、自店でもその実力を発揮してくれるはずです。

集客方法を考える際に
注意すること

集客方法を考える際に注意すること

最後に、店舗への集客方法を考える際に注意してほしいポイントを3つ解説します。

話題性を意識する

集客方法を考えるときは「話題性を意識する」ことが重要です。

人は、平凡なものよりも、インパクトが強いほうが印象に残りやすいため、発信者が意図した結果を生みやすい傾向があります。

例えば「知り合い同士で宣伝を広めて欲しい」と思っても、平凡な宣伝手法を実行しただけでは、情報をキャッチした人がその情報を他の人に広めてくれる可能性は低いでしょう。

SNSでは「バズる」という爆発的な情報拡散がしばしば起こりますが、それは発信された情報がユニークであったり、衝撃を受けるような内容であったりする場合に起こります。

話題性を無視した店舗集客法を駆使しても、意図した水準以上の集客効果が生まれることはないでしょう。

それでは長続きしませんし、ビジネスの成長に貢献することも難しいです。

意図した以上の集客効果を達成するには、話題性を意識し、思わず来店したくなる、知り合いに広めたくなるようなユニークさ、インパクトを持ち合わせた方法を考案しましょう。

費用対効果を考える

集客方法を考えるときは「費用対効果を考える」ことが重要です。

「どれだけ費用を投じても良いから集客したい!」では、本末転倒な結果に終わりかねません。

そもそも店舗に集客する目的は、「来店客数を増やし、売上をアップしたい」ということだと思います。

集客に成功したとしても、それにかかった費用が集客数に見合っていなければ、やはり本末転倒なのです。

集客アップで100万円の売上アップを達成

投入したコストは200万円

これででは単純計算で100万円の赤字です。

また集客効果は半永久的に続くわけではありません。ある程度の期間で見積もって効果と費用を考える必要があります。

集客が成功したと言うためには、単純に客数が増加しただけでなく、投入したコストを上回る利益を店舗にもたらさなければならないのです。

集客方法を考えるにあたっては集客効果の大きさだけで考えるのではなく、費用対効果が良好であることも条件に含めて考えましょう。

効果分析を行う

効果分析

集客方法を考えるときは「効果分析を行う」ことが重要です。

集客方法の実施は、目的である客数増加をはじめ、さまざまな変化を店舗にもたらすものです。

例えば。

✔ 集客対策がユニークで評判が良くなった

✔ 集客対策の影響で商圏範囲が少し拡大した

というように、単純な来店客数の変化以外のさまざまな効果をもたらします。

場合によっては良くない影響もあるかもしれません。

良い影響であれば対策を継続し、良くない影響であれば(客数の変化がない場合を含む)対策を変化させる必要があります。

どちらにせよ、「行った集客対策が実際にどのような変化をもたらしたのか」は正確に把握しなければなりません。

何となく変化・影響を漠然と把握しているだけでは、実際には体感よりも大きく異なる変化をしている可能性があります。

実際には良くない影響が発生しているのに、良い影響が出ているだろうと思って(本来であれば改善するべき)、対策を怠ってしまうこともあるのです。

こうした弊害を回避し、集客対策を適切に評価して継続や改善の是非を問うためには、集客対策による効果を分析し、影響を正確に把握することが必要です。

ディプシーからのアドバイス

集客対策の効果分析は、行った対策の手法ごとに適切な方法が異なります。
場合によっては効果分析を行うことが難しい手法もあるのですが、例えば「チラシにQRコードを盛り込む」というような対処法で、可能な限り効果分析しやすいようにしましょう。

【まとめ】
店舗集客のアイデアはさまざま!
自店に合った方法を選択しよう

店舗集客のアイデアはさまざま!自店に合った方法を選択しよう

店舗集客を成功させるためには、適切な集客対策を行い、効果を分析してフィードバックするという流れを継続する必要があります。

さまざまな集客の手法がありますので、自店の状況を鑑みて相性の良い手法を選択してください。

関連記事

こちらの記事で集客アイデアを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

■ 集客のプロが紹介する「効果的な集客アイデア集」

昨今の集客法の主流は、やはり「Webサイト」を活用するというものです。しかし、集客できるWebサイトを作るには相応のノウハウとテクニックなどが必要になってきます。プロある専門業者に依頼すれば効率的に集客できるWebサイトを作できます。

店舗にしっかりと集客できるWebサイトを制作したい方は、ぜひ私たちディプシーまでご相談くださいませ!

Webサイトことなら株式会社ディプシーへ
無料相談・お見積もりはこちらから

関連記事

ディプシーのWebサイトは全てコミコミで安心

お問い合わせ

Webサイト制作に関するお問い合わせ、お見積り、
ご質問、ご相談、どんなことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Tel .042-848-5372

全国47都道府県からご依頼可能

営業時間 平日 9:00~17:00 (土日祝日休み)

メールでのお問い合わせは、必要事項をご記入の上、
確認ボタンを押してください。
改めて当社担当スタッフがご連絡いたします。

任意

必須

必須

必須

必須