全国47都道府県ご依頼可能!
まずは無料相談・お見積もり

ホームページ集客でありがちな
悩み別に解決法を教えます

ホームページを活用した集客がうまくいっていないと悩む企業は少なくありません。

悩みというものには、その種類ごとに適切な解消方法が必ずあるものです。

何について悩んでいるのか、その原因は何かを明確に把握できれば、あとは適切に対処していくだけです。

本記事では、ホームページ集客でよくある悩みと、悩み別の適切な解決方法について解説します。

    コラムの目次

  1. 1.「集客できない・問い合わせが少ない」という悩み
  2. 1-1. 集客目的のホームページは集客数が重要
  3. 1-2. 集客数が少ない原因① そもそもホームページの目的が違う
  4. 1-3. 集客数が少ない原因② SEO対策が不十分
  5. 1-4. 集客数が少ない原因③ きちんとした運営体制を構築できていない
  6. 1-5. 明確な目的と万全の運営体制で集客数を増やす
  7. 2.「集客の費用対効果のバランスが悪い」という悩み
  8. 2-1. 集客数に見合わない費用を投じても利益にならない
  9. 2-2. 費用対効果のバランスが悪い原因① 集客数が少ない
  10. 2-3. 費用対効果のバランスが悪い原因② 投入する費用が多すぎる
  11. 2-4. 費用対効果のバランスが悪い原因③ 適切な分析ができていない
  12. 2-5. 投入する費用を最適化して集客効果とのバランスを整える
  13. 3.「集客のためのノウハウ・技術がない」という悩み
  14. 3-1. 集客できるホームページにはそれなりの力量が必要
  15. 3-2. 集客のための力量が足りない原因① ホームページ集客経験のある従業員がいない
  16. 3-3. 集客のための力量が足りない原因② ホームページを運営するのが初めて
  17. 3-4. 集客のための力量が足りない原因③ どの業者に依頼すればいいかわからない
  18. 3-5. 社内で賄えなければプロに一任するのがおすすめ
  19. 4.【まとめ】ホームページの悩みはホームページ制作会社に解消してもらおう

「 集客できない 」
「 問い合わせが少ない 」という悩み

「集客できない・問い合わせが少ない」という悩み

ホームページの集客がうまくいかないという悩みで、最もよくあるパターンは、そのものズバリの「集客できない」「ホームページに関連した問い合わせが少ない」というものです。

集客目的のホームページは集客数が重要

ホームページの目的はさまざまなものがありますが、多くの場合は集客を目的としています。

集客が目的のホームページの最重要課題は、もちろん、どの程度の集客ができているかということです。

集客数が少なすぎるホームページになってしまっていたら、なるべく早く何らかの対処を行う必要があります。

では、なぜ集客数が少ないのでしょうか。それを明確にすることから考えてみましょう。

たとえば「切れない包丁」を切れるようにするためには、その原因となっている「欠け」や「サビ」を解消するために「研ぐ」必要があります。

良くない部分があれば何が良くないのかを明確にしなければ、直しようもありません。

原因を明確にすれば適切な対処法がわかるのです。

集客数が少ない原因 ①
そもそもホームページの目的が違う

集客できない・問い合わせが少ないという悩みの一つの原因は、「ホームページの目的を間違えている」ことです。

上にも書いた通り、企業のホームページの多くは集客を目的としていますが、もちろん集客とは直接関係しない目的のホームページもあります。

例えば「求人用サイト」は、集客とは目的が異なります。

今、多くの企業が行っている求人方法は、大手の求人情報サイトを活用するというものですが、そのようなサイトでは掲載できる文字数や写真の数などが限られていますし、そもそも他企業と見比べられることが前提となっていますから、その中で目立つことはなかなか難しいでしょう。

これに対して、自社のホームページに求人情報を掲載することは、思い通りの文字数や写真を使って自社の魅力を伝えることができますし、エントリーフォームを設けて、そのまま採用試験に移行することもできます。

ただし求人用のサイトは、どんなに効果的に作り上げても、集客の対象は求職者ですから、顧客を集める効果はありません。

求人サイトと集客サイトでは作り方や構成などがまったく異なりますので、いくら求人サイトを充実させても、集客できないという悩みを解消することはできません。

ホームページの構成を「集客」という目的に照らし合わせて大幅に見直し、場合によっては一から作り直していくことが必要になります。

集客数が少ない原因 ②
SEO対策が不十分

集客できない・問い合わせが少ないという悩みは、「SEO対策が不十分」という別の原因があるかもしれません。

集客を目的として作ったホームページなのに集客効果が上がらない場合、最もよくあるのがSEO対策が不十分で、その結果、「検索結果の上位に表示されていない状態」になっていることです。

ほとんどのキーワードは、実際に検索してみると莫大な検索結果がヒットします。

普通の人は、上から順番に情報を探していき、そのすべてをチェックする人はほんのわずかです。

つまり、検索結果の上位に表示されていないホームページは、人の目に触れる機会がほとんどないということを意味します。

検索上位表示を実現できなくても、ネット広告を出したり、自社SNSで情報発信することによって、集客効果をあげていく方法もありますが、広告にはお金がかかりますし、SNSでの発信にしても、同じことをしている競合はたくさんありますので、なかなか効果は上がりません。

コストをかけずに、しかも継続的に検索結果の上位に表示させるためには、SEO対策の実施が重要なのです。

集客数が少ない原因 ③
きちんとした運営体制を構築できていない

集客できない・問い合わせが少ないという悩みは、「運営体制の不備」が原因になっていることもあります。

これは前項のSEO対策にも関係しますが、ホームページに掲載されている情報の鮮度は、とても重要です。

最終更新が「先週の日付」になっているホームページと、「1年前」のホームページがあったとすると、後者のホームページに対しては「今もちゃんと活動しているのだろうか?」という疑問すら浮かんでしまいますよね。

更新の日付が古いということは、掲載されている情報も古いということになりますから、場合によっては現行法や現行制度においては役に立たないかもしれません。

情報源として信頼できるホームページは、なるべく直近に更新されている鮮度の良いホームページなのです。

ホームページの情報は自動的に書き換わるものではなく、人の手で情報を更新して鮮度を保っていかなければなりません。

自社内で運営しているホームページなら、専任の担当者を任命し、定期的な更新によって既存の情報を更新したり、新しいコンテンツを増やしたりして、ホームページの質を高めていくべきです。

そうした担当者がおらず、手が空いた人が更新するといった仕組みになっていると、その都度の更新者の感覚で情報が掲載されることになり、掲載されている情報の一貫性が不安定なものになります。

明確な目的と万全の運営体制で集客数を増やす

ホームページの集客数で悩んでいるのなら、ここまでで説明したように、「目的は明確か?」「SEO対策は万全か?」「一貫性を保つ運営体制を確立できているか?」という3点を振り返ってください。

社内の人員でこれらすべてをカバーすることが難しいような場合は、ホームページ制作会社に依頼してみてはいかがでしょうか?

ホームページ制作会社は、ホームページに関する知見と長年培ってきたノウハウを有しています。

業者自身のホームページには過去の制作実績なども掲載されていますので、何を強みにしているかということもわかります。

もちろん費用はかかりますが、それに見合う以上の集客効果を発揮してくれるはずです。

ただし、どんな業者に任せても同じ結果が得られるわけではありません。

業者ごとに得手不得手は異なりますし、担当者の熟練度も大きく異なります。

集客の悩みを解消するためには、ホームページの目的をしっかりと共有し、SEO対策に関するノウハウを持ち、こちらの希望にマッチしたアフターフォローを実施してくれる会社に依頼することをおすすめします。

ディプシーからのアドバイス

ホームページがどのくらい集客できているかを知るためには、アクセス解析ツールを用いますが、ホームページ内で訪問者にアンケート調査を行ったりすることも有用です。
どのような人々が自社のホームページを閲覧しているかということをよく研究して、集客効果を上げていきましょう。

「 集客の費用対効果の
バランスが悪い 」という悩み

「集客の費用対効果のバランスが悪い」という悩み

ホームページの集客がうまくいかないという悩みで、次によくあるパターンは、「費用対効果」に関することです。

ホームページの運営には人手や予算などが必要ですから、それに見合った集客効果が上がっていなければ、集客がうまくいっていることにはなりません。

集客数に見合わない費用を投じても無駄

そのホームページの目的が「集客」であれば、そのために投入する費用と集客数が見合っていなければなりません。

例えば、100万円の費用をかけているのに集客の効果が50万円しかなければ、単純に差し引き50万円の損失です。

ビジネスですから、得られる利益は投入する費用を上回らなければ意味がありません。

こうした「赤字」を放置してしまうと、際限なく損失を生み続け、自社のビジネスにおける利益にも影響を及ぼすことになります。

商品を販売しているホームページでない場合には、集客効果を金額に換算することが難しいと感じるかもしれませんが、きちんと分析していけば、投入するコストに見合うためにはどの程度の集客を行わなかればならないか、ということはわかるはずです。

もし、今投入しているコストに対して集客数が不十分と判断したら、すぐにでも何らかの対策を打つことが必要です。

その際に適切な対策を講じるためにも、費用対効果のバランスが悪化している原因を明確に把握することが重要になります。

費用対効果のバランスが悪い原因 ①
集客数が少なすぎる

費用対効果のバランスが悪い原因の1つは、「集客数が少なすぎる」ということです。

言い換えると、前項で説明したのように、「ホームページの目的が間違っている」「SEO対策ができていない」「適切な運営体制がない」といった原因によって、かけた費用に見合わない規模の集客しかできていないということになります。

ホームページは、適切な手段で準備し、適切な運営体制を確立してこそ、集客や周知、人材募集などの目的を達成することができます。

費用対効果のバランスを見て、集客数が少ないと判断できるということは、投入している費用が適切なものになっていないということです。

なぜ集客できていないのか、その原因を明確にし、それを解消する方法を適切に実践することで、集客数を増やし、費用対効果のバランスを良くしていきましょう。

このとき、改善のために投入する費用をさらに上げるだけでは意味がないということを肝に銘じてください。

費用対効果のバランスが悪い原因 ②
投入する費用が多すぎる

費用対効果のバランスが悪い原因のもう1つは、逆に、「かけている費用が多すぎる」ということです。

100万円の費用をかけたホームぺージと200万円かけたホームページがあって、どちらも集客数が同じだったら、後者のホームページは費用対効果がとても悪いということになりますよね。

費用対効果というのは、「効果(利益)÷費用」です。

効果が同じなのに費用が高額なら、その分だけ費用対効果も悪いのです。

ホームページのためにかかっている費用を見直してみましょう。

例えば従業員がホームページを開設・運営していくための人件費、使用している画像、ソフトやシステムの購入費用などといったものがかかっているはずです。

専門の会社にコンテンツ制作費用を支払っている場合もあるでしょう。

それだけの費用をかけた結果、どの程度の集客効果が上がっているでしょうか。

注意すべきなのは、集客効果がそれなりにあったとしても、それにかけた費用が高額すぎれば、それは「見合っていない」ということです。

その場合は、もっと多くの集客効果が上がっていなければおかしいわけです。

個々のコストを正確に把握して分析し、どの部分が過剰になっているかを明確にする必要があります。

人件費が過剰だったら、人員数や、担当者のスキルの問題かもしれません。

画像やコンテンツなどの外注コストが過剰だったら、発注先や契約内容を見直すといった対策を講じましょう。

費用対効果のバランスが悪い原因 ③
適切な分析ができていない

費用対効果のバランスが悪い原因の最後は、逆に、「ホームページの費用対効果に関する適切な分析ができていない」ということです。

費用対効果のバランスを測るためには、あらゆる関連データを正確に収集・把握し、まず集客数、そして投入しているコストを計算しなければなりません。

データが足りなかったり、間違っていたら、正しい分析はできないのです。

費用対効果に問題ありと思って、よくよく調べたら費用対効果に問題がなかったならまだいいのですが、費用対効果に問題があるのに、問題ないと判断していたら、その問題のある状態がずっと継続してしまうことになります。

その間、無駄な費用がかかり続けて、会社のビジネス利益を損なっていくことになるかもしれません。

費用対効果を分析する際には、関連するデータを正確に把握し、適切な方法で分析しましょう。

投入する費用を最適化して集客効果とのバランスを整える

ホームページの集客効果については、「投入する費用が最適か」ということを判断することが重要です。

単に「費用をできるだけ抑える」という話ではありません。多くの費用がかかっていたとしても、それ以上の集客効果が得られていれば、費用対効果のバランスは良好と言えるからです。

例えば集客効果と投入費用のバランスが100:100でも、200:200でも、会社にとっては良い状態と言えるわけです。

集客効果が期待したように上がっていないからといって、費用をケチって抑えればバランスが良くなるというほど単純なものではありません。

費用を抑えると、さらに集客効果が下がり、いつまでたっても費用対効果が改善されないということもあります。

あくまでも「不要な」費用を削ること、もしくは「同じ費用」でもっと集客効果が向上することが大切なのです。

費用対効果について考えるにあたっては、投入する費用を過不足なく最適な状態にしつつ、集客数とのバランスを整えて会社に最善の利益をもたらしましょう。

ディプシーからのアドバイス

費用対効果のバランスで悩んでいるのなら、その分析や対策の実施までを社外のホームページ制作会社に依頼するのもおすすめです。
ただし、料金の安さだけで判断することは禁物です。それこそ費用対効果を悪化させかねません。
見積もり・打ち合わせで業者の質をしっかり見きわめましょう。

「 集客のためのノウハウ
技術がない 」という悩み

「集客のためのノウハウ・技術がない」という悩み

ホームページの集客がうまくいかないという悩みの3つ目のパターンは、「集客のためのノウハウがない」ということです。

いくら「集客」という目的が明確で、意欲もあったとしても、適切な方法についての知識や実行力がなければ意味がありません。

集客できるホームページにはそれなりの力量が必要

ホームページでの集客に成功するためには、それに必要なノウハウの有無が大きく影響します。

単に、「ホームページ開設の方法を知っている」「運用は何をすればいいかわかる」という初歩的なことではなく、SEO対策や適切な更新タイミングの実行など、集客のための専門的なノウハウが必要になるのです。

今は便利なWeb上のサービスがたくさんありますから、ホームページを開設して運営するだけなら、それほど難しくありません。

重要なのは、それらのサービスを駆使することをふくめ、「集客のノウハウを理解しているか」、「集客のノウハウを適切に駆使できるか」ということなのです。

ノウハウという力量が足りなければ、集客効果の低いホームページしか準備できないでしょう。

集客のための力量が足りない原因 ①
ホームページ集客経験のある従業員がいない

ホームページ集客の力量が不足している原因の1つ目は、「今までホームページを運営した経験がある人材が社内に存在しない」ということです。

趣味のホームページを運営したことがある人はそれなりにいると思いますが、個人やサークル、アルバイトで、集客を目的としているホームページを開設したり、その運営に携わったことがあるという人は、どこにでもいるものではありません。

特に本格的な集客ノウハウとなれば、スクールに通ったり、専門書で勉強したことがなければ、なかなか身に着けている人はいないでしょう。

集客のための力量が足りない原因 ②
ホームページを運営するのが初めて

ホームページ集客の力量が不足している原因の2つ目は、「会社としてホームページを運営した経験がない」ということです。

今やホームページのない企業を見つけるほうおが難しいほどですが、まだホームページを開設していない会社や、立ちあげたばかりの会社では、ホームページの運営については素人です。

これまでにホームページを運営したことがあれば、さまざまな問題に対処するためのノウハウも蓄積しているはずですが、それが初めてだと、さまざまなことを一から勉強していかなければなりません。

集客のための力量が足りない原因 ③
どの業者に依頼すれば良いのかわからない

ホームページ集客の力量が不足している原因の2つ目は、「どの業者にホームページについて依頼するべきかわからない・決めかねている」ということです。

経験のある担当者がおらず、会社としてもホームページを運用したことがない場合、ノウハウの不足を解決するおすすめの方法が「ホームページ制作会社に依頼する」です。

ただし、ひと口にホームページ制作会社といっても、数多くの業者があり、その中から1社を選んで依頼するのですから、そう簡単なことではありません。

はたしてどの業者に依頼するべきか悩んでいる会社も多いのではないでしょうか。

ホームページ制作会社の選定ポイントとしては、下記のようなものがあります。

・費用

・制作実績の多さ

・見積もり時の対応の良さ

・従業員数

・アフターフォローの充実さ

これらのポイントを総合的に判断して選定します。

どのポイントを重視するべきかはケースバイケースですが、一つの基準だけで決めてしまうと後悔することになりますので、よく覚えておいてください。

社内でまかえなければプロに一任するのがおすすめ

集客を目的とするホームページを成功させるためには、専門的な知識やノウハウなどが必須です。

その経験がいる担当者を社内に確保することができたり、ホームページの運営はこれまでも行ってきたということであれば、日々の研鑽によって最適な集客用ホームページを実現することができるでしょう。

しかし、社内に適切な人材がいなかったり、会社としても初めてのことという場合には、ホームページ制作会社に一任し、プロのノウハウを活かして集客を成功させるのが早道になります。

業者に支払う料金を気にする会社もありますが、専門家の手を借りずに社内で行う場合には人件費がかかります。

「社内でやればタダでできる」わけではないのです。

特に、中段で述べたように費用対効果のバランスは非常に大切ですから、プロに任せた方が良い結果になる可能性が高いと言えます。

社内のマンパワーを使わずにホームページを準備できるということは、大切な人材は本業に専念してもらうことができるということになります。

こうしたメリットを考慮すれば、ホームページに関する悩みを業者に解消してもらうのが、決して悪い考えではないということをおわかりいただけると思います。

ディプシーからのアドバイス

ホームページは、なるべく制作実績が豊富で、多くのノウハウを有する業者に任せるべきです。
創業年数が古い会社も選ぶのもありですが、新しい会社でも他社で経験を積んできたスタッフがいることもあります。
一概に古い会社ほど良いというわけではありません。

【まとめ】
ホームページの悩みは
ホームページ制作会社に
解決してもらおう

ホームページの悩みはホームページ制作会社に解決してもらおう

「餅は餅屋」という言葉があります。

ホームページでの集客で悩んでいるなら、その道のプロフェッショナルであるホームページ制作会社に任せるのが最も費用対効果の良いやり方です。

集客数の最大化、集客の費用対効果の向上、最適な集客ノウハウといったさまざまな問題を解消してもらうためには、今の悩みにしっかり耳を傾け、最善の提案をしてくれる優れた業者に依頼するのが一番です。

そのためには業者を見きわめることが大切です。

その際のポイントは多数ありますが、中でも見積もり時の対応の良さには注意しましょう。

ディプシーからのアドバイス

ホームページ集客に悩みを抱えている方は、ぜひ私たちディプシーまでご相談くださいませ!

ホームページことなら株式会社ディプシーへ
無料相談・お見積もりはこちらから

関連記事

ディプシーのホームページは全てコミコミで安心

お問い合わせ

ホームページ制作に関するお問い合わせ、お見積り、
ご質問、ご相談、どんなことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Tel .042-848-5372

全国47都道府県からご依頼可能

営業時間 平日 9:00~17:00 (土日祝日休み)

メールでのお問い合わせは、必要事項をご記入の上、
確認ボタンを押してください。
改めて当社担当スタッフがご連絡いたします。

任意

必須

必須

必須

クラゲのキャラクター