全国47都道府県ご依頼可能!
まずは無料相談・お見積もり

ホームページ制作会社の
絶対後悔しない選び方

いまどきホームページがなくてはどんなビジネスでも顧客に信用してもらえません。もし自社内にホームページを立ち上げたり運用したりできる人材がいなければ、社外のホームページ制作会社に発注するのがおすすめです。しかし優良な制作会社もあれば感心できない制作会社もあり、そこをうまく見きわめて発注しないとのちのち後悔することになってしまいます。せっかく費用をかけて大切なホームページを制作するのですから、発注して良かったと思える結果を出したいですよね。

本記事では、後悔することのないホームページ制作会社の選び方を徹底的に解説していきます。

    コラムの目次

  1. 1. そもそも「ホームページ制作会社」は何をしてくれるのか?
  2. 1-1. ホームページ制作会社とは① どんな仕事をする会社か
  3. 1-2. ホームページ制作会社とは② なぜ依頼するべきなのか
  4. 2. ホームページ制作会社に依頼する前にかためておくべきこと
  5. 2-1. ホームページ制作会社に頼む前に① なぜホームページが必要なのか
  6. 2-2. ホームページ制作会社に頼む前に② どのくらい予算はかけるのか
  7. 2-3. ホームページ制作会社に頼む前に③ いつまでに作るのか
  8. 2-4. ホームページ制作会社に頼む前に④ どんな方針で管理・運用するか
  9. 3. 後悔しないホームページ制作会社の選び方
  10. 3-1. ホームページ制作会社の選び方① 優れたホームページで集客している
  11. 3-2. ホームページ制作会社の選び方② 説明がわかりやすい
  12. 3-3. ホームページ制作会社の選び方③ 費用が明快
  13. 3-4. ホームページ制作会社の選び方④ 制作フローを説明してくれる
  14. 3-5. ホームページ制作会社の選び方⑤ スマホ向けサイトも制作できる
  15. 3-6. ホームページ制作会社の選び方⑥ キャリアが長い
  16. 3-7. ホームページ制作会社の選び方⑦ 同業他社の制作実績が多い
  17. 3-8. ホームページ制作会社の選び方⑧ 開設後の方針やサポートがしっかりしている
  18. 4. 相見積もりやコンペで制作会社を選ぶ方法
  19. 4-1. 相見積もりやコンペの注意① 時間と手間はそれなりにかかる
  20. 4-2. 相見積もりやコンペの注意② 厳密に比較するなら同条件に
  21. 4-3. 相見積もりやコンペの注意③ 業者規模をバラバラでも良い
  22. 5. ホームページで大事なのはデザインか、内容(タイトル・文章)か
  23. 5-1. デザイン偏重のホームページのデメリット
  24. 5-2. 内容(タイトル・文章)偏重のホームページのデメリット
  25. 5-3. デザインと内容(タイトル・文章)のバランスが重要
  26. 6. まとめ:ポイントを押さえて最適なホームページ制作会社を選ぼう

そもそも「ホームページ制作会社」は何をしてくれるのか?

そもそも「ホームページ制作会社」は何をしてくれるのか?

まず最初に、そもそもホームページ制作会社という業種がどのような仕事なのかについて解説します。

ホームページ制作会社とは ①
どんな仕事をする会社か

ホームページ制作会社は、文字通りホームページの制作を行う会社ですが、多くはホームページ完成(公開)後の運営サポートも手がけています。

ホームページ制作のフェーズでは、クライアントのニーズに応じてデザインや機能を盛り込み、クライアントのビジネスをサポートするサイトを制作します。

さまざまなタイプのホームページ制作会社がありますが、下記のようなサービスを提供していることが多いでしょう。

・分析、企画、設計

・デザイン制作

・文章作成

・コーディング(プログラミング)

・SNS、カレンダーなどのアプリケーション機能の埋め込み

・写真撮影、動画撮影(加工、編集)

・SEO対策

・サーバー設定(ドメイン取得、移管、リダイレクトなど)

また、ホームページ公開後の運営サポートは、具体的には以下のような仕事をこなしてくれます。

・アクセス解析

・レポート制作

・サーバー管理、ドメイン管理

・エラー修正

・新規ページの追加

・既存コンテンツの修正

・サポート相談

ひと昔前のホームページはHTMLという専門的なコードの知識を持っていなければ作ることができませんでしたが、昨今はCMSを利用して誰でも簡単にホームページを作成できる時代になりました。しかし、ビジネスに良い影響を及ぼすような効果的なホームページを誰もが作成できるようになったわけではありません。

ホームページ制作会社はホームページに関連する技術的・マーケティング的な作業のプロフェッショナルであり、さまざまなクライアントのホームページを制作することで、膨大なノウハウを蓄積しています。それを縦横自在に組み合わせて活用することで、高クオリティで、かつビジネスを拡大できるホームページを作成できるのです。

ホームページ制作会社とは ②
なぜ依頼すべきなのか

誰でも簡単にホームページを作れるようになったのなら、自分でも作れるのではないかと考えるでしょう。しかし、制作会社にホームページ制作を依頼することには以下のようなメリットがあるのです。

自社の人員を本業に専念させられる

社内の人員でホームページを作るということは、その担当者の手がふさがってしまうことを意味します。その人には本来の業務があるはずですから、社内の仕事が停滞してしまうことになります。いくら専門知識が要らなくなったといっても、他の人と同じように仕事をしながらその合間に作れるほどホームページを作ることは簡単ではありません。

ホームページ制作会社に依頼する意味は、何よりも自社の人員に慣れない作業をさせずに、本業に専念してもらえるということにあります。

高品質なホームページを持てる

もし見よう見まねでホームページを作ったとしたら、なんとか完成させてもクオリティに満足できるものにはなかなかならないでしょう。

ホームページはその会社の顔のようなものですから、クオリティが低いとすぐにビジネスに悪影響をもたらします。

ホームページ制作会社はさまざまなクライアントのホームページを制作したノウハウがありますので、その会社にあったデザインや機能を盛り込んだ高品質なホームページを作れます。

必要なタイミングに間に合う

ホームページ制作は、急いで立ち上げなければならないこともあります。

そんなとき、それを本業としているわけではない人が徹夜して作っても間に合うかどうかわかりませんし、余計にクオリティが大丈夫か不安なものになるでしょう。

もちろんホームページ制作会社ならどんな短納期でも対応できるというわけではありませんが、効率的な制作方法を熟知していますので、クライアントのニーズに可能な限り応えてくれます。

セキュリティ面で安心感がある

インターネット上にはさまざまな安全上のリスクがあります。ホームページにも外部から侵入されて勝手に書き換えられたり、ウィルスを設置されたりといった危険性があります。

昨今では大企業や官公庁のホームページだけが狙われるわけではなく、中小企業の小規模なホームページが、社会に混乱をもたらすウィルスを配信する踏み台として狙われることも多いのです。

せっかくビジネスを発展させるために作ったホームページがハッキングされてウィルスをばらまいたりしたら信用度はガタ落ちになってしまいます。

ホームページ制作会社なら、セキュリティの勅使やノウハウを蓄積していますので、しっかりと守られた環境でホームページを運営できるはずです。

高品質なホームページには様々なメリットがあります。

・集客増加

・購入率増加

・認知度向上

・求職者から問合せ増加

ディプシーからのアドバイス

会社のホームページを社内の人員で作成するメリットがまったくないわけではありません。
急いで掲載情報を更新したいとき、いちいちホームページ制作会社に依頼するのは面倒なこともあるでしょう。
しかし立ち上げや運用全般ということで考えれば、制作会社に依頼するメリットのほうが大きくなります。
一から立ち上げる以外にも、今までのホームページを全面的に作り変える(リニューアル)ような仕事も、ホームページ制作会社に任せることができます。

ホームページ制作会社に
依頼する前にかためておくべきこと

ホームページ制作会社に依頼する前にかためておくべきこと

ホームページ制作会社に問い合わせをして、打ち合わせを行って発注すると、その後は具体的な制作作業に入っていきます。

ホームページ制作会社である私たちディプシーも、日々多くのお客様からお問い合わせをいただき、打ち合わせをしています。

私たちがスムーズに制作の作業に入るために、いつも最初の打ち合わせ確認させていただいている4つの要素について紹介します。

ホームページ制作会社に頼む前に ①
なぜホームページが必要なのか

まず最も大事なことは「ホームページの目的」です。

ホームページを開設するなら、そこには目的があるはずです。

ビジネスホームページであれば、例えば次のような目的が考えられます。

・会社の知名度を高めたい

・商品やサービスの知名度やブランド価値を高めたい

・商品やサービスを販売したい

・自社にマッチする優秀な人材を採用したい

こうした目的によってホームページの形はさまざまに変わります。

漠然と「ホームページを作ってほしい」と言われただけでは、どのような方向性でホームページを作成すれば良いのかはわからないのです。

打ち合わせをスムーズに進めるためにも、なぜホームページを持ちたいのか、その目的を明確にしてください。

ホームページ制作会社に頼む前に ②
予算はどのくらいかけるか

次は「予算」です。

ホームページ制作会社に発注するということは、当然ながら費用が発生します。

そして予算によってできることは変わります。

予算が決まっていないと、どこまでの仕事を任せていただくことになるのかを決められません。

社内でしっかりと話し合い、きっちりと予算を決めてから業者にコンタクトしてください。

ホームページ制作会社に頼む前に ③
いつまでに作るのか

3つ目は「希望納期」です。

ホームページ制作会社は、素人の方よりもずっとスピーディにホームページを制作できます。とはいえ、しょせん人が行う作業ですから、最低限の時間はどうしてもかかります。

時間が限られていれば、できる仕事の範囲も決まってきます。

どの程度の期間をいただけるかということがわかっていれば、打ち合わせもスムーズに進めることができます。

また、ホームページは、一度印刷されたら修正できない会社案内パンフレットなどとは違って、あとからいくらでも修正したり情報追加ができる媒体です。

なんらかの理由でこの日までにはホームページを立ち上げなければならないという期日が直近にあるなら、とりあえず最小限の情報でホームページを立ち上げ、あとからゆっくり情報を追加していくという立ち上げ方法もよく行われています。

ホームページ制作会社に頼む前に ④
どんな方針で管理・運用するか

4つ目は「ホームページ管理・運用の方針」です。

ホームページ制作会社はホームページ制作だけでなく、完成後の運用においてもプロフェッショナルです(ちなみに、前項で述べた、「最小限の情報で立ち上げ、後から情報を追加して完成させる」という進め方も、一種の運営のやり方と言えるでしょう)。

完成後の運用体制をどこまで外注したいのか、具体的に話し合う前に、ある程度の計画を決めておいてください。

ディプシーからのアドバイス

依頼内容が多岐にわたると、基本的にはそれだけ多くの予算が必要になります。
予算を抑えるためには、写真撮影や資料作成など社内の人員でできる部分をなるべく進め、自分たちではできないと判断する部分だけを制作会社に発注するといいでしょう。

後悔しないホームページ制作会社の選び方

後悔しないホームページ制作会社の選び方

試しに検索してみればわかりますが、ひと口にホームページ制作会社といってもたくさんあり、どこに発注するのが自社にとって良いのかは判断がつかないと思います。

そこでこの項目では、優秀なホームページ制作会社の見つけ方、選び方を解説していきます。

なんとなく目に入った会社にすぐ決めてしまったり、ランキングなどで安易に選んだりせず、自社にマッチしている優秀なホームページ制作会社を選びましょう。

ホームページ制作会社の選び方 ①
優れたホームページで集客している

まず、「その会社自身が優れたホームページで集客している制作会社」を選びましょう。

ホームページ制作会社は、プロとして自社の集客をホームページで行っているはずです。

ところが、中には電話などの営業手法で集客するのがメインで、ホームページは形だけという制作会社もあるのです。

こういった会社は、自社のホームページ制作スキルに自信がないとしか思えません。

ホームページ制作会社を選ぶなら、その会社自身が優れたホームページで集客していることが最大の選定ポイントになります。

ホームページ制作会社の選び方 ②
説明がわかりやすい

説明がわかりやすい

次に、「説明がわかりやすい制作会社」を選びましょう。

ホームページ制作会社は、最初の打ち合わせでさまざまなことを説明します。そんなとき、素人にはチンプンカンプンの業界の専門用語で一方的にまくしたてるような制作会社は避けたほうがいいでしょう。

中には重要な部分まで専門用語で説明するので、クライアントが必要な情報を理解できなかったという制作会社もあります。

大切な自社ホームページを作ってもらうのですから、事前説明の意味がわからないようでは、これから始まる制作作業が思いやられます。できてみて初めて「作ってもらいたかったものと違う」などということになったら大損害です。こういう業者に限って、クライアントの希望に合わないものを作って、クレームを入れるとまた専門用語で言い訳をしてきたりするものです。

打ち合わせのコミュニケーションは重要です。わかりやすい言葉でしっかり説明してくれる制作会社を選びましょう。

ホームページ制作会社の選び方 ③
費用が明快

「費用を明確に説明してくれる制作会社」を選びましょう。

ホームページ制作会社のビジネスとは、「これから作るホームページ」が商品であり、お店で売っている商品のように、先に見てお金を払うビジネスではありません。

このため、打ち合わせの段階では、費用がいくらかかるのかが不明瞭なことが多いのです。

制作会社からすると、作業が終わってみないとかかった手間やコストがわからないので、完成後に費用請求するのが自然であり、最初の打ち合わせ時点では「いくらかかるか」を説明しにくいということになります。

とはいえ、それでは依頼する側としては予算を立てられずに困ります。

過去の制作実績や、その標準的な工数をもとに、打ち合わせの段階で具体的な概算費用をちゃんと提示できる制作会社は信頼できるでしょう。ただしそのような制作会社からも、後でトラブルにならないように見積もりは出してもらってください。


↓ 株式会社ディプシーでは、お見積もりを細かく明確に提示しています。

お見積書のサンプル

ホームページ制作会社の選び方 ④
制作フローをしっかり説明してくれる

「制作フローを具体的に説明してくれる制作会社」を選びましょう。

制作会社の中にも、あまり仕事内容を詳しく話したがらない職人気質のところがあります。

前項に書いた「専門用語」の問題もあると思います。説明しようとすると専門用語を使わなくてはならず、それをわかりやすく説明することができないか、説明するのが面倒なので、最初から詳しい説明を避けているわけです。

専門用語で煙に巻くよりはましかもしれませんが、あまり誠実な姿勢とは言えませんよね。

完成したホームページの品質さえちゃんとしていれば作る過程はどうでも任せる、というクライアントもいるかもしれませんが、どのような流れで仕事を進めるのかがわからない会社に、大事なホームページを任せたくないというのが普通だと思います。

明確に流れを説明できないということは、仕事もいい加減ということなのかもしれないのです。

打ち合わせで、どのような流れでホームページを制作するかを明確に説明してくれる業者を選ぶことをおすすめします。

ホームページ制作会社の選び方 ⑤
スマホ向けサイトも制作できる

スマホ向けサイトも制作できる

「スマホ向けのサイトを制作できる」ことは、今や必須のポイントです。

今のインターネットは、ひと昔に比べてパソコンユーザーの割合が少なくなり、ほとんどのユーザーがスマホを使ってインターネットにアクセスしています。

ここで問題は、「スマホの画面はパソコンよりずっと小さい」ということです。スマホでホームページが適切に表示されなくては、ホームページの役に立たないのです。

スマホ非対応のホームページは、多くの場合、スマホで見ると字が小さくて読めません。画像も切れていたり、すごく小さくなってしまっていたりします。そのような見づらく、使いづらいホームページでは、訪問したお客様は離れていってしまうでしょう。

そこで、パソコン・スマホ両方に対応する「レスポンシブ」という仕組みを取り入れるのが現在の主流になっています。時折、トレンドに乗り遅れてレスポンシブ対応ができていないホームページ制作会社を見かけます。

打ち合わせの時点で「レスポンシブ対応できるか」ということは忘れずに確認しておきましょう。

ホームページ制作会社の選び方 ⑥
キャリアが長い

迷ったときは、「創業してからの年数が長さ」もホームページ制作会社を選ぶポイントになります。

ホームページ制作の業界は他業界に比べるとそんなに長いものではありませんが、中には創業して数か月しか経っていないような素人同然の制作会社もあります。

これはホームページ制作会社に限りませんが、創業してから何十年も経っているような会社は倒産してしまうリスクが小さいと判断できます。

ホームページは数か月かけて立ち上げ、その後何年も運用していくものですから、その間に倒産してしまうような制作会社に依頼すると、大変困ったことになります。

キャリアが長い制作会社は経営が健全であり、蓄積しているノウハウもそれだけ多いということですから、安心して仕事を任せられます。

ホームページ制作会社の選び方 ⑦
同業他社の制作実績が多い

「自分の会社の同業他社からの依頼をたくさん受けている制作会社」であることも、選ぶポイントになります。

飲食店や医院といった専門的な業種のホームページを多く制作しているということは、同じ業種のお店や会社にとって重要です。

なぜなら、業種ごとに適切なホームページを作るノウハウが異なるからです。

したがって、自社と同業種のホームページの制作実績がどのくらいあるかをチェックしておくと、自社のビジネスとマッチしているかどうかがを判断できます。

なお、多くの制作会社では制作開始前に秘密保持契約を結びます。このため、同業他社のサイトを手がけているからといって、その会社の営業上の秘密などを具体的に漏洩することはありませんので、ご安心ください。

ホームページ制作会社の選び方 ⑧
開設後の方針やサポートがしっかりしている

開設後の方針やサポートがしっかりしている

「ホームページ完成後のサポートがしっかりしている制作会社」を選びましょう。

ビジネス上のホームページは、完成して公開した後は放置しておいてもいい、というわけではありません。

ホームページが完成した後の運用こそが本格的な集客フェーズになるからです。しかし、ホームページの知識がなくては適切に運用することはできないでしょう。

制作は行うが完成後のサポートは対応していない制作会社もあります。あるいは対応していても、ごく簡単なサポートしか行わないという会社も多いです。

しっかり集客できるホームページにするために、公開後のサポートが充実しているホームページ制作会社を選ぶことをおすすめします。

ディプシーからのアドバイス

打ち合わせたり、見積もりを受け取って初めてわかる情報もあります。
ホームページ制作会社との打ち合わせは適当に流さず、その会社の本質を見きわめる判断材料にするつもりで臨んでください。

相見積もりやコンペで制作会社を選ぶ方法

相見積もりやコンペで制作会社を選ぶ方法

どのホームページ制作会社を選ぶべきか、決め手を見つけられない場合は、複数の制作会社に同時に見積もりを依頼して、いわゆる「相見積もり」を行ったり、制作のクオリティを競う「コンペ」を行ったりして決める方法もあります。

私たちディプシーも、よくこうした方法で選んでいただき、制作作業に入ることが多いのですが、制作会社側としては、お客様にはいくつか注意していただきたいことがあります。

相見積もりやコンペの注意 ①
時間と手間はそれなりにかかる

相見積もりやコンペによって発注先を決めるのは、普通のやり方で決めるよりも多くの時間がかかります。

相見積もりでいうと、3社からとるなら1社だけに依頼する3倍の手間、5社からとるなら5倍の手間がかかる単純計算になります。

もちろん、自社の大切なホームページを作ってもらうのだから、最適な業者を選ぶために手間は惜しまないという考え方もあります。ただ、それだけホームページの完成までの時間がかかってしまうことは忘れないでください。

さらに、ホームページを開設してから集客などの効果を実感できるまでにもある程度の期間が必要です。

納得できるコストとクオリティ、ビジネスを進めるスピードのどちらを優先するかということは、経営者が下す判断になります。

相見積もりを依頼する業者が多すぎると、ホームページ完成がそれだけ遅くなり、見積もりを出してもらう打ち合わせの手間も業者の数だけ増えるということは覚えておきましょう。

相見積もりやコンペの注意 ②
厳密に比較するなら同条件に

相見積もりやコンペを実施するなら、どの制作会社にも「同じ条件で依頼する」ことは大事です。

相見積もりというものは、同じ条件で依頼して、業者ごとの違いを明確にするための手段です。

制作会社ごとに異なる条件を提示してしまうと、意味のある比較を行えなくなってしまいます。

もちろんコンペも同様です。

ある制作会社に伝えた要望や予算、必要要件などと、別な業者に伝えたものが異なったら、制作会社が提示する内容が違うのは当たり前ということになりますので、比較ができなくなります。

相見積もりやコンペを実施するなら、どの制作会社にも同じ条件を設定することを忘れないでください。

そのためには、要望や予算、必要な機能などをまとめたオリエンテーション・ペーパーを用意して、それを元に相見積もりを依頼する打ち合わせを各社とするのがいいでしょう。

相見積もりやコンペの注意 ③
業者規模はバラバラでも良い

相見積もり・コンペでは、制作会社の規模がバラバラであっても特に問題はありません。

ホームページ制作会社の会社規模はさまざまで、社員が100人以上もいる会社もあれば、数人のスタッフで回している会社もあります。

しかし、実際には、大きい会社なら優れたホームページを作れるだろうというのは早計で、小規模な会社でも高クオリティのホームページを制作することはできますので、ことさらに大規模な会社だけを集めて相見積もりをとったりする意味はありません。

相見積もりやコンペで制作会社業者を選ぶなら、別の基準(例えば過去の実績や制作見本など)を設けて比較するのが良いでしょう。

ディプシーからのアドバイス

通常、ホームページの制作は今日明日を争うような緊急性はありません。
しかしイベントの開催に間に合わせたい、一刻も早く売上を上げたいといった希望納期はあると思います。
このため、相見積もりやコンペなどで悠長に制作会社を選んでいると、肝心の制作期間が確保できなくなる可能性があります。
特定のタイミングまでに制作したい場合は、少なくとも相見積もりを依頼する制作会社を最小限にしておくことをおすすめします。

ホームページで大事なのは
デザインか、内容(タイトル・文章)か

ホームページで大事なのはデザインか、内容(タイトル・文章)か

ホームページの制作でしばしば問題になるのが、デザインとシステムやコンテンツのどちらを重視するかということです。

どちらもホームページの重要なポイントで、おろそかにすべきではありませんが、どちらかを優先しなければならないことも往々にしてあります。

しかし、どちらかに偏って制作してしまうと、デメリットが発生する可能性があります。

デザイン偏重のホームページのデメリット

デザインばかりを重視して、ホームページの肝心の使いやすさが損なわれてしまうことがあります。

アパレルやコスメなど一般にビジュアルを重視する業種では、やはりデザインにもうるさくなります。しかしあまりにもデザインばかりを追求して中身が伴っていないと、ユーザーにとっては使いにくいホームページに仕上がってしまうかもしれません。

例えば背景の色が強すぎて文字が読みにくかったり、言葉が感覚的すぎてよく意味がわからなかったり、ボタンが小さすぎてどこをクリックすべきかわかりにくかったりするようなホームページは、しばしば訪問者をイライラさせてしまう結果に陥りがちです。

結果、ユーザーはすぐにページを閉じたり戻ったりして離脱率が高くなり、望ましい集客効果を得られないホームページになってしまうのです。

内容(タイトル・文章)偏重のホームページのデメリット

内容(タイトル・文章)を重視しすぎたホームページも、訪問者に違和感をもたれる可能性があります。

納得できるところまで詳しく記載していて安心できるというメリットを与えていると思ってしまいがちですが、やりすぎは良くありません。

ほとんどのユーザーは真剣にホームページを閲覧しているのではなく、ときにはソファに寝転がりながらスマホでホームページを閲覧していますから、ある程度は「感覚的にわからせる」ということも必要ですし、好きなようにホームページを見たいものです。

文章ばかりで読みにくい場合は、ユーザーにストレスを感じさせて離脱させてしまうでしょう。

デザイン性を無視した文字ばかりの無機質なホームページに魅力を感じるユーザーは少ないはずです。

デザインと内容(タイトル・文章)のバランスが重要

このように「デザイン」と「内容(タイトル・文章)」はどちらも大切で、どちらかを重視しすぎると何らかのデメリットが発生してしまいます。

デザイン性と内容の両方を兼ね備えたバランス型のホームページが理想です。

このことは、ホームページ制作会社を選ぶところから意識したほうがいいでしょう。

制作会社ごとに特長があり、デザインが得意だったりライティングが得意だったりしますので、両者のバランスが良い制作を行えるホームページ制作会社を選ぶのがいいでしょう。

ディプシーからのアドバイス

文中にもある通り、アパレル系のホームページはビジュアル中心のものが多いです。
しかし、優れたホームページはデザイン性ばかりでなく、ちゃんと内容も充実しています。
成功していると思われる同業他社のホームページをよく研究して、自社ホームページの制作に生かしてください。

【まとめ】
ポイントを押さえて最適な
ホームページ制作会社を選ぼう

ポイントを押さえて最適なホームページ制作会社を選ぼう

ホームページを制作するなら、やはりプロであるホームページ制作会社に依頼したほうがさまざまなメリットがあります。

とはいえ、ホームページ制作会社の数はたくさんありますから、どの制作会社が自社のニーズにマッチしているかを踏まえて、実際に発注する会社を選ばなければなりませN。

迷ったときは相見積もりをとったり、複数の業者でコンペを開催することで最適な業者を見つけることができますが、こうしたやり方はそれなりに手間も時間もかかるので、差し迫った予定に合わせてホームページを制作する場合にはふさわしくないこともあります。

制作会社自身のホームページをよく読み、よく比較して、効率的に信頼できる制作会社を選んでください。

ディプシーからのアドバイス

集客効果の高いホームページをご要望の方は、ぜひ私たちディプシーまでご相談くださいませ!

ホームページことなら株式会社ディプシーへ
無料相談・お見積もりはこちらから

関連記事

ディプシーのホームページは全てコミコミで安心

お問い合わせ

ホームページ制作に関するお問い合わせ、お見積り、
ご質問、ご相談、どんなことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Tel .042-848-5372

全国47都道府県からご依頼可能

営業時間 平日 9:00~17:00 (土日祝日休み)

メールでのお問い合わせは、必要事項をご記入の上、
確認ボタンを押してください。
改めて当社担当スタッフがご連絡いたします。

任意

必須

必須

必須

クラゲのキャラクター