全国47都道府県ご依頼可能!
まずは無料相談・お見積もり

顧客を増やし
集客に成功するための
ホームページコンテンツの条件

ホームページは、あらゆるビジネスで最重要である「集客」を成功させるための武器です。

ただし、どんなホームページでも集客を成功させ、顧客を増やすことができるわけではありません。

ホームページを運営している各社では多くの担当者が、思うように訪問者を増やすことができず、悩んでいます。

そこで本記事では、ホームページに掲載する「コンテンツ」という観点から、集客に成功し、顧客を増やすための方法について解説します。

    コラムの目次

  1. 1. 集客に成功するホームページには、役に立つコンテンツがある
  2. 1-1. 役に立つコンテンツ①「知りたい」というニーズがあること
  3. 1-2. 役に立つコンテンツ② 簡単に再現可能であること
  4. 1-3. 役に立つコンテンツ③ わかりやすい言葉で説明されていること
  5. 1-4. 役に立つコンテンツ④ 相応の立場の意見が参考にされていること
  6. 1-5. 役に立つコンテンツ⑤ 大元のページとの関連性があること
  7. 2. 集客に成功するホームページは、コンテンツの量が多い
  8. 2-1. 顧客を増やせるコンテンツ量の目安は?
  9. 2-2. コンテンツ量が多いとなぜ集客に成功できるのか
  10. 2-3. コンテンツを増やすだけでなく読みやすさの対策も必要
  11. 3. 集客に成功するホームページは、コンテンツを定期的に更新している
  12. 3-1. SEO対策のために更新は必要
  13. 3-2. コンテンツを更新するにはそのための体制が必要不可欠
  14. 4.【まとめ】ホームページの集客を増やすためにはコンテンツの「質・量・鮮度」のいずれも重要

- 集客に成功するためのホームページコンテンツの条件 -
集客に成功するホームページには
役に立つコンテンツがある

集客に成功するホームページには、役に立つコンテンツがある

ホームページで顧客を増やし、集客に成功するためには、「役に立つコンテンツ」を掲載することが必要不可欠です。

役に立つコンテンツとは、主に以下の条件を満たしているコンテンツのことです。

役に立つコンテンツ ①
「知りたい」というニーズがあること

集客を成功させるコンテンツの1つ目の条件は「知りたいというニーズがある」ことです。

いかに質の高い情報でも、ユーザーが知りたいと思ったものでなければ価値はありません。

ユーザーが知りたいと思わない情報は、そもそも検索されることがありません。

世の中にはさまざまな情報があり、インターネットを介してそれを知ることができますが、中には「知っていてもあまり役に立たない情報」もたくさんあるのです。

例えば、以下の2つの情報のうち、知りたいと思う人が多いのはどちらでしょうか。

・大根や白菜を無駄にしないレシピ集

・ビッグバン(宇宙誕生)の研究の歴史

前者は生活に直結する「お役立ち情報」「ライフハック」などと呼ばれる情報なのに対し、後者は、どちらかといえば「アカデミック」というか、「学術的」で、あまり生活には関係しない情報ですね。

どちらも「有益な情報」ではあるのですが、食生活のように日常生活に直結する情報は、多くのユーザーにとって身近な存在であり、実際に検索されることが多い情報であると言えます。

情報としての質がいくら高くても、生活に影響しないような情報は、たとえばクイズ番組で聞いたとか、限定的なニーズがなければ、専門家以外の人が知りたいと思うことが少ないと思われるのです。

役に立つ情報は、「知ることで生活に良い影響を及ぼすような、積極的に調べたいと思う情報」であり、そのような情報を充実させることが、顧客を増やすことにつながります。

役に立つコンテンツ ②
簡単に再現可能であること

集客を成功させるコンテンツの2つ目の条件は「誰にでも簡単に再現できる情報であること」です。

かりに、生活に直結するようなお役立ち情報であっても、普通の人が再現することが難しい情報は、役に立ちません。

例えば、以下の2つの情報があるとします。

・自宅で簡単!イスを使うだけで簡単10分間ダイエット運動の秘訣

・ボルダリング設備があれば簡単10分で鍛えられるクライミングスキル

前者は「自宅でできる」「イスがあればできる」という、多くの人が条件に当てはまりやすい簡単な条件が指定されています。

これに対し、後者はまず「クライミング設備」が必要であり、クライミングのスキルを身に着けたい人という、かなり読者対象を絞った記事であると予想できます。

自宅にクライミング設備があったり、工事をしてもいいと思う人にとっては役立つ情報(?)かもしれませんが、どちらの情報が多くのユーザーに役に立つかといえば、当然、前者になると思います。

多くの人に役に立つことを目指すのであれば、できるだけ万人受けする、利用可能なユーザーを制限しない条件を設けるべきです。

もちろん、身体に不自由があったり、得手不得手の点で、完全に読む人全員が役に立つ情報というものはあり得ませんが、最初から限られたユーザー層を狙うような情報は、ここでいう「役に立つコンテンツ」とは言えません。そのような情報では、顧客を増やすことは難しいでしょう。

役に立つコンテンツ ③
わかりやすい言葉で説明されていること

集客を成功させるコンテンツの3つ目の条件は「わかりやすい言葉で、わかりやすく説明されていること」です。

情報は、書いてあることを読んでもそれを理解できなければ、意味がありません。

「わかりにくい情報」のひとつは、「説明の伴っていない専門用語」です。

世の中には、その業界や関連情報に携わっている人ならよく知っていても、一般の人は知らない専門用語というものがあります。

知っている人にとっては、その単語で内容を説明することができて便利ですが、一般の人はその言葉の意味がわからないので、ちんぷんかんぷんになってしまいます。

どうしても意味を知りたいと思ったユーザーがいるとしたら、わざわざ別サイトにアクセスして、その専門用語の意味を調べなければならないでしょう。

それでは、そのコンテンツは情報源として役に立たず、集客に成功することはできません。

専門用語を極力使わずに、どうしても使わなければならないときはわかりやすい注釈を入れるようなコンテンツであれば、顧客を増やすことができます。

もちろん、単語一つひとつの意味だけでなく、文章自体も理解しやすい文体でコンテンツを仕上げることが集客の成功につながります。

役に立つコンテンツ ④
相応の立場の意見が参考にされていること

集客を成功させるコンテンツの4つ目の条件は、「信頼できる情報源」であることです。

掲載されている情報を読んだ人に、それを実行してもらうためには、その人がその情報について信頼していることが必要不可欠です。

例えば、医学系のお役立ち情報を掲載しているサイトがあったとします。

そのサイトが「○○医院××医師監修」ということを明記していれば、読者は、医学の知識を専門家である医師が監修していると思うので、安心して情報を読むことができます。

このような「信頼性の裏書き」は、専門家による監修だけでなく、参考にした情報源の出典元を明らかにするだけでも達成できます。

ネット上の情報なら、参照URLを記載し、文献であれば文献名を明らかにすることで、信頼できる情報であるというイメージを得ることができ、顧客を増やすことができるでしょう。

役に立つコンテンツ ⑤
大元のページとの関連性があること

集客を成功させるコンテンツの5つ目の条件は、「コンテンツを掲載する大元のページと、コンテンツの情報カテゴリーが関連している」ということです。

世の中にはさまざまなお役立ち情報がありますが、その情報がちゃんと役に立つためには、それにふさわしい場所に掲載されていることが必要です。

例えば、「美容ヘルスケア商品」のサイトに、車やレジャースポーツといったアウトドア系のコンテンツが掲載されていても、美容ヘルスケアに関心がある人にとっては、場違いの情報にしか思えないでしょう。

美容ヘルスケア関係のサイトなら、例えば「医療関係」や「食べ物関係(栄養は美容やヘルスケアにも関連するので)」の情報が掲載されていれば、「美容ヘルスケア」の関連情報として、読者に受け入れてもらうことができるでしょう。

なんらかのカテゴリーに絞ってコンテンツを充実させることには、ときとしてネタ切れになってしまうリスクもありますが、だからといってサイトの内容と関連しないようなコンテンツを掲載しても、顧客を増やしたり集客に成功させることにはつながりません。

ディプシーからのアドバイス

役に立つ、ということは、あくまでもユーザー目線であることを念頭に置いておください。

- 集客に成功するためのホームページコンテンツの条件 -
集客に成功するホームページは
コンテンツの量が多い

集客に成功するホームページはコンテンツの量が多い

ホームページの集客に成功し、顧客を増やすためには、「コンテンツの量を増やす」ことが重要です。

ただし、ただ量を増やすだけでなく、その後のことについても考慮しながら増やしていかないと、トラブルの原因になることがあります。

顧客を増やせるコンテンツ量の目安は?

「コンテンツが多い」といっても、漠然とした指標だと思うかもしれませんが、量は基本的に「多いほど良い」といえます。

10記事よりは20記事、100記事よりは200記事のほうがいいのです。

目安としては、最低でも、「1回のホームページ訪問だけで読み切れない量」でしょう。

1コンテンツを読むのに5分かかるとして、6コンテンツだけしかなければ5×6=30分で全コンテンツを読破できてしまいます。

「全部読み切った」と思った読者は、もう再訪問してくれなくなるかもしれません。

1回の訪問だけでコンテンツを読破できなければ、「次に来たときに続きを読もう」と思うので、再訪問を期待できるわけです。

1回あたりにどのくらいの時間ページを見ているかということは、ユーザーごとに異なります。読むのが早い人も、遅い人もいるでしょう。

再訪問してもらうためには、可能な限り多くのコンテンツを有していた方が有利だと言えるのです。

コンテンツ量が多いと、なぜ顧客を増やせるのか

コンテンツ量が多いということは、読者が提供するものが多くなるというだけでなく、「ホームページが露出する機会が多くなる」というメリットがあります。

多くのユーザーは、訪問するホームページを「検索エンジン」を使って探し出します。

日常的な疑問やトラブルを解消するために、検索ボックスに「肌荒れ 解決方法」のようなキーワードを打ち込んで検索し、その結果の上位から訪問先を選びます。

一方、検索結果に表示されているのは、サイトの「トップページ」だけではありません。そのサイトに掲載されている個々のページも表示されます。

一般的には、個々のページには、そのサイトのテーマに関連する個々のキーワードが盛り込まれているはずです。

例えば、「スキンケア」をテーマとするサイトであれば、各ページのコンテンツには「肌荒れ 解消法」とか「お肌に良い食べ物」のような関連キーワードが盛り込まれた内容になっているわけです。

検索エンジンは、こうしたページごとのキーワードから、検索順位を決めています。

上記のようなことから、コンテンツ数を増やしていけば、検索エンジンが認識するキーワード数がそれだけ増え、検索結果に表示される可能性が高くなる、つまりホームページ全体の露出が多くなるのです。

その結果、集客に成功し、顧客を増やすことができるようになります。

コンテンツを増やすだけでなく読みやすさの対策も必要

コンテンツ量を増やすことは、そのホームページの質を高め、集客を成功することにつながりますが、ただ何も考えずにコンテンツを増やしても、そうしたメリットは薄いものになってしまうでしょう。

ここで注意すべきなのは、「コンテンツ量があまりに多くなると、煩雑で、ユーザーがストレスを感じるサイトになってしまう」ということです。

例えば、図書館で何かの本を探そうとしたとき、その図書館の本の並べ方が、カテゴリー別になっていなかったり、50音順などのルールに則っていなければ、なかなかお目当ての本を見つけることができませんよね。

ホームページのコンテンツもそれと同じです。

記事の中にただ内部リンクを貼りつけてあるだけでは、お目当ての情報が盛り込まれているコンテンツにスムーズにたどり着くことはできないでしょう。

望ましいのは、ホームページ内のコンテンツをきれいに整理し、いかに少ないクリック数で最適なコンテンツまで到達できるかという準備を重ねることです。

すべてのコンテンツのキーワードを抽出し、それをカテゴリーに割り振り、カテゴリーリストから望むコンテンツに行ける仕組みを用意すれば、顧客はストレスなく各コンテンツに移動できます。

そうしたユーザビリティの良さが集客を成功させるのです。

ディプシーからのアドバイス

コンテンツを増やすことは重要ですが、大元のホームページとの関連性はきちんと確保してコンテンツを増やしていきましょう。

- 集客に成功するためのホームページコンテンツの条件 -
集客に成功するホームページは
コンテンツを定期的に更新している

集客に成功するホームページはコンテンツを定期的に更新している

ホームページの集客に成功し、顧客を増やすためには「定期的にコンテンツを更新すること」も重要です。

ホームページは、本や雑誌のようなものと思っている人は多いでしょう。

しかし、ホームページがそれらのメディアに対して、圧倒的に優れている点があります。

それは、本や雑誌のような印刷物とは異なり、掲載している情報が古くなったら簡単に書き換えることができるということなのです。

単にコンテンツの量を増やすだけでなく、既存のコンテンツを修正しつづけ、常に最新の情報を掲載し、情報の整合性を確保することが、集客に成功し、顧客を増やすことにつながります。

SEO対策のためにも情報の更新は必要

ホームページの情報更新は、コンテンツの鮮度を改善することでユーザーの信用を勝ち取るという効果以外に、「SEO対策」としても必要不可欠なアクションです。

SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、「検索エンジンがそのホームページを検索結果の上位に表示してくれるようにすること」です。

検索エンジンは、検索結果の順位を何によって決めているか、そのアルゴリズム(計算式)の仕組みを公表していません。

でも、実際に検索を行ってみることによって、何を重視しているかということを伺い知ることはできます。

その一つが、「情報の更新頻度」なのです。

更新されていないホームページは、往々にして検索順位を下げていきます。

検索結果の上位に表示される状態を維持するためには、適度なタイミングでホームページを更新し、コンテンツの鮮度を維持する必要があるわけです。

コンテンツを更新するにはそのための体制が必要不可欠

ホームページを運営し続けて集客を成功させ、顧客を増やすためには、コンテンツの更新作業を定期的に行っていく体制を作ることが絶対に必要です。

コンテンツをどんどん追加し続けたり、過去に掲載したコンテンツも最新状態を保つために更新し続ける作業は、かなり大変です。

ホームページを運営する会社にとっては、できるだけ社内人材でまかないたいところですが、そうした人手を確保することが難しい場合には、社外の専門家に「外注」することも検討するべきでしょう。

更新作業は社内で行い、コンテンツの追加を専門家に依頼するというやり方もお勧めです。

ホームページ制作会社は、単にホームページを作ってくれるだけでなく、適切な状態で運営していくためのノウハウやスキルも備えていますので、そのような企業にとって大いに頼りになる存在となりえます。

ホームページによって集客を成功させ、顧客を増やしていくためには、ホームページの立ち上げ時点で、そのような定期的な更新体制を維持できる体制を構築し、どのような手段でコンテンツを更新していくかということを明確に決めておくことが重要です。

ディプシーからのアドバイス

ホームページ制作会社によっては、更新作業は業者に任せるか、自社で行うかを選択できます。
後者の場合は社内に人手を確保しなければなりませんが、好きなタイミングで柔軟に更新できるというメリットがあります。

- 集客に成功するためのホームページコンテンツの条件 -
【まとめ】
ホームページの集客を成功
させるためにはコンテンツの
質・量・鮮度のいずれも重要

問い合わせの多いホームページは制作会社に任せる選択肢も

ホームページの集客を成功させ、顧客を増やすためには、ユーザーの役に立つコンテンツの品質、ユーザーを飽きさせないコンテンツ物量、そしてSEO対策にも必要なコンテンツ更新頻度の3要素が重要です。

そのような3拍子揃ったコンテンツ制作体制を構築することが難しい場合は、自社内だけで解決する以外に、外部の専門家であるホームページ制作会社に依頼する方法についても検討してみましょう

ディプシーからのアドバイス

集客効果の高いホームページをご要望の方は、ぜひ私たちディプシーまでご相談くださいませ!

ホームページことなら株式会社ディプシーへ
無料相談・お見積もりはこちらから

関連記事

ディプシーのホームページは全てコミコミで安心

お問い合わせ

ホームページ制作に関するお問い合わせ、お見積り、
ご質問、ご相談、どんなことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Tel .042-848-5372

全国47都道府県からご依頼可能

営業時間 平日 9:00~17:00 (土日祝日休み)

メールでのお問い合わせは、必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社担当スタッフがご連絡いたします。

任意

必須

必須

必須

クラゲのキャラクター