全国47都道府県ご依頼可能!
まずは無料相談・お見積もり

整骨院の集客に
成功するための方法・コツ

整骨院の経営で最も重要なことは、どのようにして集客するかということです。
集客がうまくいかなければ売上も上がらず、安定した経営も難しくなります。

では、整骨院で集客を成功させるためには何を実践すればいいのでしょうか?

今回は、整骨院の集客に成功するための方法・コツについて解説します。

    コラムの目次

  1. 1. 整骨院の集客を実践する前にやるべきこと
  2. 1-1. 整骨院の商圏を把握する
  3. 1-2. 整骨院のターゲットを定める
  4. 2. 整骨院の集客を成功させるコツ
  5. 2-1. 範囲を絞って情報を伝える
  6. 2-2. データを検証できる伝達手段を選ぶ
  7. 2-3. 人の行動喚起を促す伝達手段を選ぶ
  8. 3. 整骨院で使えるオフラインでの集客方法
  9. 3-1. チラシの折り込み・ポスティング
  10. 3-2. 路面看板を設置する
  11. 3-3. 院内イベントの開催
  12. 4. 整骨院で使えるオンラインでの集客方法
  13. 4-1. ホームページ・ブログの開設
  14. 4-2. SNS集客
  15. 4-3. 動画投稿サイト集客
  16. 4-4. Googleビジネスプロフィールの登録
  17. 4-5. 口コミサイトに登録
  18. 5. 整骨院の集客を支援してくれる業者など
  19. 5-1. ホームページ制作会社
  20. 5-2. 集客コンサルティング会社
  21. 5-3. 集客代行業者
  22. 6. 整骨院の集客方法を考える時に注意すること
  23. 6-1. コストパフォーマンスを考える
  24. 6-2. 集客対策による効果を分析する
  25. 7. 【まとめ】整骨院の集客方法はさまざま!自院に合った方法を選択しよう

整骨院の集客を実践する
前にやるべきこと

骨盤矯正を施術している男性と受けている女性

整骨院の集客方法を考える前に必ず決めなければならないことがあります。

それは、

  • 【 商圏 】どの地域で集客したいのか

  • 【 ターゲット 】どのようなお客さまに来院してほしいのか

  • 【 ストーリー 】お客様がどのような流れで来院するのか

この「商圏」「ターゲット」「ストーリー」を決めることが集客への第一歩です。

整骨院の商圏を把握する

スカイツリーから見た東京の街

まず初めに決めることは「商圏」です。

商圏とは?

商圏とは、わかりやすく言うと「自院のお客様がどのくらいの範囲から来院してくれているのか」ということです。

人が買い物に行くとき、「食品を買うときはこの範囲まで、衣料品を買うならもっと遠くまで」という買い物の行動範囲があるはずです。

整骨院側としても、どこまでの地域の方が来院してくれるのかを定める必要があります。それが整骨院の商圏です。

自院の商圏を知ることの重要性

自院の商圏を知ることは、集客を成功させる上でとても重要なポイントです。

まず、自院の商圏内に住んでいない人が来院してくれる可能性は、かなり低いはずです。
そのような商圏内に住んでいない人に集客対策を講じても、来院してくれる可能性が低い人に対策を講じることになり、費用だけかかってしまい無駄な労力に終わってしまう可能性が高いのです。

ですが、商圏内に住んでいる人に集客対策を講じれば、もともとあった来院の可能性を引き上げることになり、その対策は集客効果を発揮するはずです。

無駄な集客対策に費用や時間を使うことがないように、集客効果の出やすい商圏内に向けて集中的に集客対策を講じることが最も効率的です。

自院の商圏を分析する

整骨院の平均的な商圏は、半径2~3km以内と言われています。

人口の少ない田舎であれば、半径5kmまで広がる可能性もあります。

この商圏は平均的なものなので、実際の商圏は地理的な要因などさまざまな条件で大きく変わります。
ですから自院の商圏をできるだけ正確に把握することがとても大切になります。

自院の商圏を知る方法としては、例えば患者様の住所を確認することです。

自院を中心に患者様の住所を地図上に書き出し、どの程度の範囲までお客様が分布しているかを目で確認できるようにすれば、自院の商圏としてある程度正確な範囲を知ることができます。

この商圏のデータが、さまざまな集客対策を講じる上で、どの範囲で集客するのかを決める地域選択にとても役立ちます。

整骨院のターゲットを定める

ターゲットを指差す男性の手

次に決めなければならないことは「ターゲット」です。

自院の集客ターゲットとは?

整骨院におけるターゲットとは、「どのようなお客さまに来院してほしいのか」ということです。

このターゲットに具体性を持たせたのが「ペルソナ」です。
ペルソナは自院にとって理想となるお客様像の人物的属性(性別、年齢、職業、家族構成など)をできる限り具体化したものです。

ターゲットを決める必要性

整骨院で集客を成功させるためには、自院のターゲットを明確化することがとても重要です。

「若い人の来院数の割合が多い」整骨院であれば、若い人が利用する機会の多いSNSなどのオンライン集客を使って情報を発信すると効果的です。

「高齢者の来院数の割合が多い」整骨院であれば、高齢者が手に取る可能性の高い新聞の折込チラシやポスティングなどの方法が効果的でしょう。

集客対策を講じる相手が異なれば、集客方法もターゲットに合わせて変える必要があるということです。

ターゲットが明確化されていないと、どこに向けてどんな集客方法を使えば効果的なのかわかりません。

整骨院に最適な集客方法を選択するために、ターゲットは明確に定めておく必要があるのです。

整骨院の集客を成功させるコツ

効果がだんだんアップしている

整骨院の集客のためにやみくもに対策を講じても、それが成功することはなかなか難しいでしょう。
集客に失敗するだけではなく、的外れな集客対策は見る人の印象を下げてしまい悪い評判が広まる恐れもあります。
これでは来院数を増やすどころか逆に減らしてしまうことになってしまいます。

整骨院の集客は、しっかりと考えて集客対策が成功する確率を高める工夫が必要なのです。

ここからは、整骨院の集客を成功させるための3つのコツを解説します。

範囲を絞って情報を伝える

整骨院の集客を成功させるためには「範囲を絞って情報を伝える」ことが重要です。

整骨院の宣伝にはさまざまな方法がありますが、あまり広い範囲に宣伝しても来院数の増加にはつながりません。

大は小を兼ねる、は整骨院の集客に向いていない

集客のためには「宣伝」を行うのが一般的ですが、テレビCMのように「多くの人に見てもらえる大々的な方法」が最善策とは限りません。

放送媒体を使った大々的な宣伝方法は、広い範囲の数多くの人に来院を促すことができます。

「宣伝は一人でも多くの人に伝わった方が効果が出るのでは?」という考えが正しいとは限らないのです。

整骨院の目的は「集客=整骨院の来院数を増やす」ことです。

全国ネットのテレビCMは極端ですが、ローカルテレビのCMであっても放送範囲はかなり広く、さまざまな地域の人に対して宣伝する方法は、商圏が広くても半径5kmの整骨院の集客方法としては、あまりに宣伝範囲が広すぎる集客方法なのです。

東京の〇〇市で集客したいのに、東京全域にテレビCMを流しても意味はないですよね。

整骨院の集客には、テレビCMのような宣伝範囲が広い集客方法は、集客効果に対してコストパフォーマンスがかなり低いのです。

整骨院の商圏に集中した宣伝方法を選択する

整骨院の集客のための宣伝は、できる限り「自院の商圏に集中して宣伝できる方法」を選ぶ必要があります。

例を挙げると、商圏内の新聞の折り込み広告、路面看板の設置、チラシのポスティングなど、特定の範囲内に住んでいる人に対してのみ宣伝する方法は、かける宣伝費用が無駄になりません。

少し商圏を越えて宣伝したとしても、費用的に問題がなければ問題はありません。

重要なことは「自院の商圏を把握すること」「その商圏に集中して宣伝できる方法を選ぶこと」の2つです。

宣伝費用とその効果を考えながら、コストパフォーマンスの高い集客方法を選ぶことをおすすめします。

データを検証できる伝達手段を選ぶ

様々なツールアイコンが並んでいる背景の前に座っている男性

整骨院の集客を成功させるためには「データを検証できる伝達手段を選ぶ」ことが重要です。

PDCAサイクルを回すために必要な検証データを得られる伝達手段であれば、そのまま集客対策を続けたり、集客効果が低ければ別の方法に変えたりと、データを元にした集客対策を行うことができます。

PDCAサイクル

PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(検証)・Action(改善)の頭文字を取ったもので、計画から改善までを一つのサイクルで行い、今回で言えば集客対策の効率化を目指す方法です。

集客対策を行なったら必ずデータ検証をする

整骨院の集客対策が効果を発揮したのかどうか、曖昧に終わらせないないためには、行なった集客対策の効果を検証しなければなりません。

では、集客対策を講じて、その効果を測るためにはどのような方法があるでしょうか。

「前よりも患者数が増えたような気がする」
「実際に患者数が増えた!でもどれくらい増えたのかは調べていない」

これでは行った集客対策が効果を発揮したのか、たまたま他の要因で患者数が増えたのか本当の理由はわかりません。

ただ感覚的に患者数が増えたかどうかだけでは検証として意味がありません。

例えば、集客対策を行なってから1か月後のデータを見て、1日の平均来院数が5人増えたとします。
ですが、その増加した5人は、行なった集客対策の効果で来院してくれたのかはわかりません。
もしかしたら、時期、天気、テレビの影響など、別の要因で来院数が増えた可能性もあります。

このことから分かるように、行なった集客対策によってどのような効果があったのかを把握できないと、その対策が成功したのか失敗したのかわからないので、対策を続けるべきか、別の集客方法に変えるべきかの判断が難しくなります。

検証データを分析して集客対策に反映する

集客効果を検証したデータはその後の集客対策を行う上でとても重要になります。

検証したデータを分析して、集客対策に反映することで効率的に対策を講じることができます。

「行った集客対策で来院数が5人増えて、良かった一安心」では意味がありません。

「来院数が5人増えている、このまま続けて来院数の動向を検証しよう!」
「来院数が5人増えたが、かけた費用に見合っていないから対策の改善が必要だ!」

このようにPDCAを回して、Check(評価)とAction(改善)を行いましょう。

行なった集客対策を、そのまま続けられるだけの効果が出ているのか、それとも改善する必要があるのか、または別の対策への変更が必要なのかを判断し、行動に移すことが重要です。

人の行動喚起を促す伝達手段を選ぶ

男性の手のひらの上で繋がっている多くの人アイコン

整骨院で集客を成功させるには「人の行動喚起を促す伝達手段を選ぶ」ことが重要です。

伝達手段にはそれぞれ特徴があり、整骨院自体を広く認知してもらうことに適した方法もあれば、来院など顧客の行動を促すのに適した方法もあります。
整骨院の集客に適しているのは、後者のような「来院など顧客の行動を促す方法」です。

整骨院の目的は「来院数を増やす」ことですから、行なった集客対策を見た人が来院などの行動を起こしたくなるような伝達手段が効果的です。

「整骨院自体を広く認知してもらう」だけでは、「来院数を増やす」という目的から考えると不十分だということになります。

コストパフォーマンスの高い集客方法を実践する

一般的なビジネスにおいて、「広く認知してもらう」ことは確かに重要です。

しかし、整骨院という店舗サービスの場合は変わってきます。
広く認知してもらうだけでは宣伝費用がかさむだけで、集客効果に見合わない結果になる可能性が高いのです。

来院数を増やすという明確な目的があるのですから、顧客に来院などの行動を起こしてもらわないと目的を達成できないのです。

目的を達成するためには、集客対策として利用する伝達手段(媒体)の特性を把握した上で、伝達手段ごとのユーザー数や反響の数、実際に行われた事例などによって整骨院との相性を分析し、最適なものを選択することが整骨院で集客に成功するためのコツです。

整骨院で使える
オフラインでの集客方法

様々なツールのイラストを見ている女性

ここからは、整骨院に集客するために実施できる集客方法について解説します。

まずは、オフライン(インターネットを利用しない)で使える3つの集客方法です。

チラシの折り込み・ポスティング

新聞と折込チラシ

「チラシの折り込み」は、新聞に挟んだチラシ(広告)を購読されている家庭に届ける集客方法です。

その新聞を読まれている方、中でもファミリーや高齢者が対象になります。

期間限定の割引や院内イベントの情報などを折り込みチラシで宣伝すれば、短期的に集客効果を発揮させることができます。

折り込みチラシにはデメリットもあります。

それは「新聞の購読者が年々減少している」ということです。

この集客方法は、新聞を購読している方にだけ宣伝できるので、新聞離れが進む若年層をはじめ、新聞を読まない世帯は集客することができません。

「チラシのポスティング」は、チラシを直接ポストに投函する集客方法です。

ポスティングは「新聞では届かない顧客にも宣伝できる」ので、幅広い年齢層に向けて宣伝することができます。

また、ポエリアを絞ってポスティングすることが可能なので、狙った地域にピンポイントに宣伝することができます。

チラシのポスティングにはデメリットもあります。

それは内容を見ずに捨てられてしまう確率が高いということです。

ポステンングは新聞よりもコストがかからないため、その利用のしやすさから多くの事業者が行っています。

ポストに投函された数多くのチラシの中から、選んで読んでもらうにはある程度しっかりとしたチラシを作成しなければ、目にも留めてもらえないでしょう。

「新聞の折り込み」「ポスティング」どちらにもメリットとデメリットがあります。
自院がチラシでの集客対策を行う場合、どちらが最も効果的なのかを目的と照らし合わせて選択する必要があります。

路面看板を設置する

道路脇に設置された路面看板

路面看板は店舗に設置している看板とは違い、街頭に設置されている看板で店名や広告などを表示する集客方法です。

自院の商圏内に看板を設置することで、来院などの集客につなげることが大きなメリットです。

目的に合わせて看板の設置場所を決めれば、商圏内に住んでいる人に効果的に宣伝することができます。

路面看板の広告には広告料が発生します。

また看板に関心のない人にとっては、看板が風景と一体化して認識されてしまうので、看板の設置する場所や宣伝内容はしっかりと練った上で制作する必要があります。

院内イベントの開催

室内でストレッチをする女性達

「院内イベント」は、何かしらのイベントを院内で開催する集客方法です。

例えば、「〇〇になりにくいストレッチ教室」など、お客様に有益な情報を発信するイベントを開催することで、来てくれた方が後の患者様になる可能性も生まれます。

お客様に有益なイベントを定期的に開催すれば、来てくれた方から口コミが広がり、来院数を少しずつ増やすこともできるかもしれません。

地域に根付いた職業だからこそ、こういった顧客一人ひとりに向けた方法が、来院数の増加やリピート率の増加につながるのではないでしょうか。

ディプシーからのアドバイス

オフラインでの集客は、地域密着型の整骨院にとって最も効果的な方法です。
地元の方に愛される整骨院になるために、サービス、キャンペーン、イベントなど、お客様の有益を念頭に置いて集客対策を行うことが一番大切ではないでしょうか。

整骨院で使える
オンラインでの集客方法

並んで置いてあるノートパソコンとタブレット

次に、オンライン(インターネットを利用する)で使える5つの集客方法を解説します。

ホームページ・ブログの開設

スマートフォン、タブレット、パソコンに映った整骨院ホームページ

これは整骨院のホームページやブログを開設して閲覧してもらい、自院への集客につなげる集客方法です。

ホームページでは、整骨院の施術内容・料金・アクセスなどの基本情報から、特徴・強みなど自院の特色を伝えることで集客につなげます。

ブログでは、整骨に関する有益な情報や日常の出来事などを発信して閲覧者の興味を引き、そこから実際の来院につなげます。

ですが、いくら魅力的なホームページやブログを制作しても、ネット検索で上位表示されなければサイト自体を見てもらえません。

ネット検索で上位表示させるためには「SEO対策」や「リスティング広告」などが必要になります。
これは、簡単なことではないのでプロであるホームページ制作会社に依頼しなければ難しいでしょう。
ある程度の知識が必要になるので、自分で一から勉強してやってみようとするのは効率面から考えてもおすすめしません。

関連記事

こちらの記事では、整骨院で集客に成功しているホームページがどのような要素を取り入れているかを、実際の整骨院ホームページを見ながらわかりやすく解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

■ 整骨院で集客に成功しているホームページとは

SNS集客

ノートに書かれたSNSの文字とアイコン

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャルネットワーキング サービス)の略で、サービスとしてはFacebook・Twitter・インスタグラム・LINE・YouTubeなどが有名です。

このSNSを利用して集客を行うのが「SNS集客」です。

SNSの利用率は若年層の間で特に高く、SNSを利用して来院を促す情報を発信すれば多くの人にアピールすることができます。

SNSは無料で利用できることも大きな強みです。
理想的な流れは自院の投稿を見た人が拡散してくれることで、投稿に用した労力以上の宣伝効果を発揮することです。
ですが、自院のフォロワーが少ないとなかなか注目されず、集客方法としては成立しなくなります。

動画投稿サイト集客

YouTubeが表示されたパソコン画面

「動画投稿サイト集客」は、動画を撮影・編集してサイトに投稿し、視聴してもらうことで来院を促す集客方法です。

動画投稿サイトの中ではYouTubeが最も有名で、文章や画像だけでは伝えきれない様々な情報を見ている人に届けることができます。

今ではスマートフォンでも高画質の動画が撮影できるようになりました。編集には多少の知識が必要ですが、ある程度のクオリティーの動画であればご自身で編集することも難しくはありません。

自院がおすすめする施術動画や視聴者に有益なストレッチ方法など、整骨院に興味を示してもらえる動画を投稿することで、視聴者が遠方から来院してくれる可能性もあります。

ただ、SNSと同じくチャンネルの登録者数が少ないと視聴してもらえる会機少なく、集客効果も期待できません。登録者数を増やすためには、視聴者の興味を引く動画をたくさん投稿して登録者数を増やしていく必要があります。

Googleビジネスプロフィールの登録

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)は、Googleが無料で提供していサービスです。

店舗の基本情報を登録すると検索結果やマップに情報を表示してくれます。

検索者が「整骨院+地名」で検索すると、その条件に相応しい整骨院情報を表示してくれるので、来院につなげやすいという利点があります。

整骨院の検索結果にGoogleビジネスプロフィールが表示されている

投稿機能を活用すれば院内イベントやキャンペーンなどの情報も発信できるので、やり方次第で集客力のアップにつながります。

ただ、Googleビジネスプロフィールを利用している競合も多く、思ったような効果を発揮できない可能性もあります。

口コミサイトに登録

5段評価で星をつけている女性の手

口コミサイトは、整骨院を利用したお客様がそ自院に対する様々な評価を投稿できるサイトです。口コミサイトで評価を比較して整骨院を選んでもらうことで自院に来院を促す集客方法です。

この集客方法は整骨院の口コミサイトに対する考え方にもよりますが、特に抵抗がないのであれば、まずは無料で登録してみるということも一つの方法です。

メリットとしては、費用をかけずに登録できてネット検索で顧客に自院の情報を見てもらえる確率がアップすることです。

デメリットとしては、口コミサイトに掲載するとサイト側から有料登録を勧める営業連絡くることと、口コミサイトに登録した自院の情報を見て営業をかけている業者からの連絡が増えることです。

今現在、「整骨院+地域名」でネット検索すると、ほとんど口コミサイトのページが上位に表示されています。

整骨院を探す際に検索されることが多い「整骨院+地域名」で、上位表示された口コミサイトに誘導して、その上でサイト内の検索地域で上位表示されていれば、その整骨院の集客率はアップするでしょう。

ですが、Google側も対策を行なっていて、口コミサイトなどのポータルサイトを安易に上位表示させないようにする動きもあります。

そのため、今現在では検索1ページ目に口コミサイトが表示されますが、数年後に同じ状況が続いているという保証はありません。

そういったことを考慮して、口コミサイトを利用するかどうかを決めなければならないので、登録は整骨院の考え方によると先ほどお伝えしたのです。

ディプシーからのアドバイス

新たな集客方法は時代の流れと共に生まれます。
今ある集客方法を見極めて利用することももちろん、集客に利用できそうな新たな媒体がないか、常にアンテナを張りながら運営することも安定的な集客を目指す上でとても重要です。

整骨院の集客を
支援してくれる業者など

ビルを背景に握手をする男性の手

整骨院の集客を成功させるためには、業者に依頼することも必要です。

ここからは、集客を支援してくれる3つの業者を紹介します。

ホームページ制作会社

ホームページ制作会社は、企業のホームページや商品・サービスのランディングページ(LP)などを制作してくれる会社です。

整骨院のホームページは自力でも制作することができますが、「集客力の高いホームページ」の制作は知識のない素人には難しいでしょう。

ホームページ制作会社に制作を依頼すれば、SEO対策を行なったクオリティーの高い魅力的なホームページを制作することができます。

ホームページ制作会社に依頼すると、自身で作る際に発生する勉強時間や制作時間が必要なくなるので、本業に専念できるということもメリットの一つです。

ホームページ制作を依頼するには、制作会社を選ぶという作業が生まれます。
選ぶ会社によって出来上がるホームページの集客効果に大きな差が生まれてしまうので、選ぶ際は数社に相見積もりや相談をした上で納得のいく制作会社を選ぶことをおすすめします。

関連記事

こちらの記事では、整骨院で集客に成功しているホームページがどのような要素を取り入れているかを、実際の整骨院ホームページを見ながらわかりやすく解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

■ 整骨院で集客に成功しているホームページとは

集客コンサルティング会社

集客コンサルティング会社は、企業や店舗の現状を把握して分析を行い、問題や課題を見つけ出し、それらの問題や課題の改善手段を具体的に提案してくれる会社です。

今回の記事でご紹介した集客方法を試してみたいけど、どの方法をどうやって実践すればいいかわからない、そんな方もいらっしゃることでしょう。
そこでコンサルティング会社に一度相談をしてみると、自院の目的に合った手段や具体的な実践方法を提案してくれるかもしれません。

集客コンサルティングには、様々なタイプがあり業種に特化した会社もあります。
依頼する際は自院の目的に合う会社を選びましょう。

集客代行業者

集客代行業者とは、集客に必要な業務を代わりに行なってくれる業者です。

集客に関する業務は様々で、オンライン集客では、リスティング広告の運用、SNSの運用、SEO対策などがあります。

オンライン集客に関する業務は、専門的な知識が必要な場合が多く自身で行うのは難しいため、集客代行業者に依頼することをおすすめします

ですが、中には適当な運用を行う悪徳業者が存在するのも事実です。

オンライン集客の場合、SEO対策を含めたホームページ制作から、リスティング広告・SNSの運用まで行っているホームページ制作会社もあります。
すべての業務を信頼できる一社に依頼する方が効率も良く、業者選びに失敗する確率も減るはずです。

整骨院の集客方法を
考える時に注意すること

指を立てて注意を促すスーツの男性

最後に、整骨院の集客方法を考える時に注意してほしいポイントを2つ解説します。

コストパフォーマンスを考える

整骨院の集客方法を考える時に重要なのは、「コストパフォーマンス(費用対効果)を考える」ことです。

費用をかければ集客はできるでしょう。ですが、かけた費用に見合った、もしくはそれ以上の結果が出なければ対策を行う意味がありません。

集客対策にかけた費用は100万円
 ↓

その後来院数が増加して売上が50万円アップ
 ↓

結果:50万円の赤字

集客対策は必ず成功するとは限らないので、この結果は間違いではありません。

ですが、失敗をできるかぎり避けるために費用対効果を考えて集客方法を選択することはできます。

整骨院の集客方法を考える際は、集客効果だけを見るのではなく、コストパフォーマンス(費用対効果)が高いことも重視して考えましょう。

集客対策による効果を分析する

様々なデータ資料の上に置かれた虫眼鏡、電卓、ペン、キーボード

整骨院の集客方法を考える時は「集客対策による効果を分析する」ことが重要です。

何かしらの集客対策を実践すると、来院数の増加だけではなく様々な変化が自院に起こります。

例を挙げると、

  • 「集客対策の内容が面白くて整骨院の評判が良くなった」

  • 「集客対策の効果で整骨院の商圏が少し拡大した」

このように、目的である来院数の増加以外にも効果を発揮します。

集客対策の内容によっては、良くない効果が生じてしまうかもしれません。

集客対策によって良い効果が出ているのであればそのまま続ける、良くない効果が出ているのであれば(来院数の変化がない場合を含む)改善、または別に対策の変更する必要があります。

どのような結果でも、「行った集客対策によってどのような効果が生じたのか」をできる限り分析して把握しなければなりません。

この効果分析を行わないまま集客対策を続けると、効果がないものに費用を投じてしまったり、簡単な改善で集客効果が上がる可能性があるのにそのまま放置してしまったりと、集客対策の成功確率を自ら下げていることになります。

集客対策を行う前の予測効果を分析と、対策を行った後の効果を分析して改善する。これが集客対策を考える上で最も重要なことです。

ディプシーからのアドバイス

集客対策の効果を分析する方法は、行った対策ごとに異なります。
対策によっては効果分析が難しい場合もありますが、例えば2パターンのチラシを用意してどちの反応が良かったかを検証するなど、可能な限り効果分析しやすいようにしましょう。

【まとめ】
整骨院の集客方法はさまざま!
自院に合った方法を選択しよう

株式会社ディプシー

整骨院で集客を成功させるためには、自院の目的にあった集客対策を実践し、その効果を分析して次の集客対策につなげることが必要です

近年主流になっている集客対策は「ホームページ」を活用した方法です。
そのためにはホームページ自体をクオリティーの高いものにしなければなりません。

現状での最適な選択は、制作会社にクオリティーの高いホームページを制作してもらい、そのホームページを様々な集客対策に活用することです。
その集客対策の提案や運用も一括でおこなってくれる制作会社であれば理想的です。

私たちWeb制作会社ディプシーでも、整骨院で集客に成功するための専用ホームページ制作を行っています。
また、制作後の運用のアドバイスやリスティング広告運用の代行なども行っていますので、整骨院ホームページの新規作成やリニューアルをご検討の際はぜひご相談ください!

ホームページ制作は株式会社ディプシー
「整骨院・整体院」専門ホームページ制作については、こちらの特設サイトをご覧ください。

関連記事

ディプシーのWebサイトは全てコミコミで安心

お問い合わせ

Webサイト制作に関するお問い合わせ、お見積り、
ご質問、ご相談、どんなことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Tel .042-848-5372

全国47都道府県からご依頼可能

営業時間 平日 9:00~17:00 (土日祝日休み)

メールでのお問い合わせは、必要事項をご記入の上、
確認ボタンを押してください。
改めて当社担当スタッフがご連絡いたします。

任意

必須

必須

必須